暴走する悪徳エリートの所業
99874 高齢化社会の本質問題
 
岩井裕介 ( 33 山口 再開発プランナー ) 05/10/27 PM09 【印刷用へ
> 全人口を、年少人口(〜14才)・生産年齢人口(15〜64才)・老年人口(65才〜)にわけ、生産年齢人口が老年人口を支える前提で数字を算出しているのだが、これは実態を表すものではない。(99790)

高齢化社会の問題を考える上で、最も違和感を覚えるのは、「60歳(〜65歳)までは現役=生産に携わる労働者、それ以降は引退=高齢者・・・→したがって福祉や年金が必要」という固定観念だ。一般企業の定年退職と年金の支給開始がそこから始まるという制度的な問題から、いまだにそう言われているわけだが、考えてみれば、そうした年齢区分に根拠はない。しかも、実態にそぐわない。

> 厚生省の数値に拠れば、65歳の高齢者がその後自立して生活出来る期間は男が16.5年、女が18.3年。ケアを受ける期間が男が1.6年、女が2.7年となっている。(65887)

つまり、65歳で引退したとしても、あと15年以上は、体も頭も働かせることができる。
また、東京都産業労働局が50代にアンケートを行ったところ、定年後も働き続けたいという人が80%以上を占めたそうだ。

「定年後は悠々自適」という発想も今や旧い。こうした発想は、仕事=苦役(嫌なもの、逃れたいもの)という心情に基づいており、序列絶対・私権絶対の時代の産物である。(98928 定年・年金制度は奴隷の補償制度)
今や、若者だけでなく全世代とも、趣味や遊びよりも、やりがいや社会参加(≒仕事)を求めている。それが主流ではないかと思う。

しかし現状、高齢者の社会的役割がなかなか見つからないというのも事実。

そう考えると、壁になっているのは制度であり、その背後にある固定観念、「人権」「福祉」といった旧観念である。高齢化社会の本質問題は、高齢者が増え続けることにあるのではなく、旧観念が出口を塞いでいることにある。
 
List
  この記事は 96742 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_99874
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
116115 増税反対≠私権要求 走馬灯 06/05/25 PM11
111568 定年とは私権闘争の終着点 若林勇夫 06/05/05 AM08
111499 社会的役割は無限にある 笠原光 06/05/04 PM10
111473 答があれば、楽しい。答がないと、しんどい。 石橋創 06/05/04 PM07
109086 「あなたが求めているのは役割充足」 前上英二 06/04/15 PM10
年金400兆どうする?(デモ) 「なんでやRADIO」 06/03/14 AM01
105972 “体が動く限りは働ける社会”の実現のために 小松由布樹 06/02/19 AM00
103644 高齢者も若者にむけてプラス期待を発信し始めている。 長谷暢二 06/01/05 PM08
102910 老人ホーム巡りをしているある老夫婦 塩貝弘一郎 05/12/20 PM10
100752 じい様の信念 佐藤晴彦 05/11/12 PM09
100568 『年金制度』 その背後にある 『福祉』 という観念の罪は重い。 浅田祥幸 05/11/08 PM11
100422 退職金から支援金へ〜江戸時代の定年「のれんわけ」制度の可能性〜 西谷文宏 05/11/05 PM09
100368 この閉塞感はやはり旧観念が原因だったのか 磯貝朋広 05/11/04 PM08
100150 団塊世代は、年金制度の破綻を事実として受け止めなければならない。 松本幸二 05/11/01 AM04

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp