暴走する悪徳エリートの所業
98875 アメリカの対日政策
 
斎藤裕一 ( 41 東京 建築家 ) 05/10/10 PM10 【印刷用へ
第2次大戦のA級戦犯に児玉誉士夫という人物がいる。右翼の大物活動家であり、第2次大戦では外務省のスパイとして中国で諜報活動に当たっていた。戦後A級戦犯として拘置されるが、GHQの「方針転換」により釈放、右翼活動を通じて反共、自民党への資金提供を行なっていたという(同様の人物に笹川良一がいる。彼も右翼の活動家であり、A級戦犯でありながら釈放されている)。

右翼といえば天皇称揚、国粋主義、民族主義であり、必ずしも親米ではない。しかし、当時、ロシア・中国・朝鮮などが共産主義(左翼)を掲げて極東地域における米国の脅威となり始めていた。米国によって太平洋戦争の戦争犯罪者にされていた児玉は、同じ米国によって釈放され、反共勢力の活動家として利用されたのである(児玉の資金提供(背後にCIA)を受けた自民党は次第に地歩を固める。しかし、田中角栄が中国との国交回復や、エネルギーの独自化を進めるに至って、米国は田中の排除に動く(米上院外交委員会でロッキード事件が発覚、当時田中は既に首相を辞職していたが、同事件で結局は有罪となり、政界に戻ることはなく、児玉誉士夫も起訴されたまま死ぬまで自宅から出ることはなかった)。

一方メディア(特にテレビ)は電通(広告代理店)に支配されていると言われるが、こうした広告代理店とテレビ局の支配関係が出来上がるのも戦後のGHQ体制下である。1953年2月NHKが開局、同年8月民放の日本テレビが開局するが、オーナーの正力松太郎氏も終戦時はA級戦犯とされ、後に不起訴処分となっている。GHQの占領が終了したのは1952年であり、米国が日本の主権回復に当たって、その後の支配体制の構築を画策したということも、当時の共産主義勢力と日本の地理から考えると、十分有り得ることのように思われる。

結局、現在の日本は、GHQによる占領時代に作られた仕組み(=人脈や政府機関、メディアを中心とした企業関係によるアメリカの支配構造)が現在も続いていると見るべきではなかろうか。特に電通が荷担するメディア支配は、アメリカ物質文化を吹き込み、1億総白痴化と揶揄されるほどの堕落統治(植民地時代のアヘンを想起させる)を行い、日本国民はいつの間にか「平和で豊か」な国民に仕立てられ(=観念支配されて)てしまった。しかし、その先にあるのは、現在の小泉首相が進める日本の資産売却(日本企業の切り売りや郵貯・簡保の横流し)であり、果ては憲法改正による自衛隊の米軍化である(こうした米国による対日工作は、GHQ体制後はCIAなどの情報機関に継承された。日米の情報機関は、米国はCIA、NSAなど15、日本では内閣情報調査室、公安調査庁など12余りある。特にCIAは、友好国であるはずの日本にも(まるで敵国であるかのように)東京支局を置き、青森県三沢基地にある通信傍受移設のエシュロンが日本企業に対する「産業スパイ」を行なっていると指摘されるほどである。対して日本の情報機関はかつては共産党対策、現在ではオウムなどのカルト教団などが主な対象であり、反共や反体制を看視するのみで、むしろ米国の日本支配→極東戦略を補完する事はあっても米国を監視することなど考えてもいない様子である)。

最も重要なことは、そうした対日政策に対して、都合の悪いメディアや政治家が口を閉ざしたとしたまま、いつの間にか「洗脳」「売却」されてしまう我々国民の主体意識であり、現在が、これまで豊かさを羨望するあまり甘んじてきた米国支配の最終局面であるという状況認識であろう。事実の共認をよりどころにした共認社会の実現基盤を築こうとする一方で、米国支配を許すどころか助長させる勢力=旧勢力が現に残存している。両者の闘争は、戦後の復興から高度成長、貧困の消滅をもって、いよいよこれから始まると言っても良いだろう。そこでは、武力や財力による肉体的な支配を上回る観念の力が必要とされる。当面の敵は、相変わらず米国に服従するメディアや政治家達であるが、真の敵はそうした構造を無意識に受容してしまう、我々自身の価値観念であるとも言えるだろう。

 
List
  この記事は 98551 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_98875
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
230694 米国の対日政策→「一億総白痴化」というリアル 猛獣王S 10/04/25 PM06
220391 日本人を洗脳したアメリカホームドラマの行き詰まり⇒「グローイング・ペイン」の真の意味を考えたほうがよさそうだ。 火中の栗 09/11/23 PM08
136513 アメリカの洗脳教育(図書館政策) 不見天 06/11/04 PM10
101233 憲法改正論の裏に潜む罠 tanvool 05/11/22 AM02
「米軍再編」問題 「新・サムライなんで屋」 05/11/02 PM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp