学者とマスコミはグルで頭脳支配
98725 タバコと肺がんの関係における統計学的なごまかし
 
田野健 HP ( 42 東京 監理 ) 05/10/08 AM00 【印刷用へ
タバコを吸う場合と吸わない場合で癌になる確率は5倍も違う。
この類の統計データーはよく見る。時には30倍とか50倍等という数字を並べられることもある。
これらは事実なのだろうか?

非常に有効な資料がある方のブログで紹介されていた。
癌の統計03年(リンク
たぶんアメリカのデータだと思うが、それによると確かに5倍の差がある。
ここから先はその方のブログでの言葉を(無断ですが、あまりにも切り口が鋭いので)転載させていただきます。

>肺がんになる確率は通り魔に遭う確率よりは確かに大きい.「がんの統計'03」(資料編14「喫煙と肺がん」)によれば,20から24歳で喫煙を始めた男性が肺がんで死亡する割合(確率)は10万人当たり114人,つまり0.1%である.これに対して,非喫煙者の場合には0.02%で,喫煙者が肺がんで死亡する割合は非喫煙者の5倍となっている.マスメディア等でさかんに取り上げられるのは,この非喫煙者と比較した場合の5倍という数字である.喫煙が恐ろしいというイメージを抱かせるためには,数字はできるだけ大きい方がいい.「タバコを吸うと肺がんで死ぬ確率は0.1%ですよ!」では,説得力がない。

この言い方が正確ではないことは,とりあえず脇に置くとしても.
わたしが問題にしたいのは,この0.1%という数字と現在の日本における喫煙バッシングは釣り合いがとれていないということだ.タバコには毒が含まれているのだろう.だから,「吸わない方がいいですよ」と啓蒙するのは理解できる.しかし,その毒の強さと政府やマスメディアによる反喫煙キャンペーンは釣り合っていない.0.1%では説得力がないために,非喫煙者と比較した場合の5割や80%などの「大きな数字」ばかりで,「タバコを吸ったらほぼ確実に肺がんになる」と思わされているばかりか,喫煙者は吸ったら確実に死んでしまう毒ガスでも撒き散らしているかのようなイメージが作られている.<以上抜粋リンク

この方の意見投稿に全く同感である。喫煙者の肺がんで死ぬ確率が1000人に1人、非喫煙者の肺がんで死ぬ確率が5000人に1人。そう書くのが正しい統計の表現である。

或いは20歳からタバコを吸って肺がんで死ぬ人は1000人に1人いる。そしてその確率は非喫煙者の5倍になる。これが統計学的な事実である。

統計というのは総数と比率で総合的に検証すべきものである。総数の統計値を隠して比率等のただ大きい数字のみを表現する場合、そこには統計のごまかし、意図性が隠れていると判断したほうがよい。

>最近では小学校や中学校などでも反喫煙教育が行われているらしい.教室でこのようなことを話すくらいであれば,グランドで遊ばせておいた方がはるかに子どもの健康にはいいのではないかと思う.(最後のこの言葉もこのブログの作者の言葉です)
 
List
  この記事は 98475 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_98725
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
200500 「0.1%」というのは、単純な統計情報の読み間違いです。 デマを流すなヨ! 09/02/24 PM06
189643 あなた、本当に「たばこ」を肯定するの? じっさん 08/10/14 AM08
189591 詭弁です nama 08/10/13 AM11
179178 厚労省の「喫煙者の配偶者の肺腺癌罹病率は2倍」という非科学的な調査結果 猛獣王S 08/06/14 PM09
喫煙バッシング 「フェミニスト江戸前日記」 06/10/16 PM11
109316 統計情報をちゃんと読めていないです daram 06/04/20 AM11
107307 タバコの常識の嘘 志水満 06/03/13 PM09
“数字”への科学的まなざし 「Environmental Online」 05/10/13 PM11
ファシズムは小さなところから 「なんでやRADIO」 05/10/12 AM00
98893 事実すら解明しないままでウソを押し付けるのはなぜ? 麦秋 05/10/11 AM05

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp