共認運動をどう実現してゆくか?
97944 機は熟している。
 
大森義也 ( 38 広島 建築設計 ) 05/09/26 PM11 【印刷用へ
先般の選挙に前後して、“政治”への関心は高まるばかりだ。
いうまでもなく、既存の政治への危機感が背後にあり、

>政治(せいじ)とは、国家など集団や共同体における、統治に関する活動。「まつりごと」とも言う。リンク

という政治本来への回帰を、大衆が潜在的に欲しているのはもはや確実である。
では、このムーブメントがそのまま社会変革に向かうのか、と言うと、まだまだ楽観視はできないと言うのが実感だ。

実際露店や会社で若者に話をしてみたが、
「今の政治には違和感を感じるが、自分達でなんとかできるかというとそれは無理な気がする」
という意見に落ち着いてゆく。

これはどういうことなのだろうか?
と、さらに聞いてゆくと、政治という古臭いシステムに対する否定視、そこに入っていって何の可能性があるのかという意識、どうせ政治を変えられるわけが無いという諦観が出てきた。


それらに対する答えはあるのか?ということを考えてみた。

■まず、政治を変えられるのかどうか?

これは単純に人々の意識を顕在化させてあげればよいだろう。
既に国民の過半数が反小泉であることは、この間の投稿でも明白になってきた。
ここで、そのような実感レベルの反感情や違和感を、鮮明な理論と根拠をもって構造化して発信してゆけばどうなるか?
現時点の過半数は言うまでも無く、残りの何割かも確実に小泉のおかしさに気付き、新たな展開を期待することになるだろう。
それがそのまま選挙に反映されれば、反小泉はもちろん、新しい認識に則った立候補者が政権を握ることになりはしないか。そうなれば自ずと政治は変わっていくしかない。


■次に、現在の古臭い政治システムに参入するのはなんで?という疑問に対して。

全く別な手法で社会を変えてゆけばよいのでは?という意識が背後にあるようだが、それは誤りだ。

>いかに時代が変わり、中身が変わっても、『評価指標の共認』という収束=統合機能の絶対的な必要性は、不変である。
それ故に、時代が変わる時、新しい可能性(中身)は、必ず古い評価指標の世界の真只中に姿を現わしてその評価の洗礼を受けることが、顕在化するための絶対的な必要条件となる。
>なぜなら、新しい評価指標(=投稿資格)が確立するまでは、現存する評価指標(=お金)に基づく評価を獲得してゆく以外に、評価獲得の道がないからであり、また、新しい秩序(=社会統合機構)が出来てもいないのに現存秩序をいきなり壊してしまう訳にはいかないからである。
35273

現存の政治システムや選挙システムに対しても同じ。まずは、既存のシステムの中で評価を獲得することからしか始まらない。
だが、一旦そうなってしまえば自然と、

>最も重要なのは、絶えず新しい認識を紡ぎ出し、人々の共認内容(意識)を変えてゆくことである(新しい認識さえ共認されてゆけば、それに応じて制度etcを変えてゆくのは簡単である)。21496

のように変革は進んでゆくだろう。
政治への関心が高まっている今、そういった実現基盤が整いつつあると実感せずにはおれない。
 
List
  この記事は 35273 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_97944
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp