暴走する悪徳エリートの所業
97269 「小泉圧勝」?国民の半分は「反小泉」という事実 
 
阪本剛 HP ( 31 千葉 SE ) 05/09/13 PM04 【印刷用へ
> しかし、現に中身を捨象し目先収束させている仕掛け人は彼らマスコミ自身である。勢力を拡大してしまった無内容の自民に対して、今、中身を突きつけられるのは新しい共認媒体しかないだろう。
97234 「今回の選挙結果からの注目点」 吉国 さん)

 今回の衆院選の結果について、マスコミの報道は「自民圧勝」一色である。だが、それは「事実」なのだろうか?

 彼らの報道には選挙結果を分析する重要なファクターが捨象されている。それは、「得票数」である。その中でも「死票」の分析は、非常に重要である。

 まず、比例区の数字から分析してみよう。 
-----------------------------------
●衆院党派別得票数(比例代表)
    議席  得票数
自民  77 2589万
民主  61 2104万
公明  23  899万
共産   9  492万
社民   6  372万
国民   2  118万
日本   1  164万
大地   1   43万
合計 180 6781万

与党 100 3488万(51%)
野党  80 3294万(49%)
合計 180 6781万
-----------------------------------

 ほとんど、与党、野党の得票数は拮抗していることがわかる。
 しかし、得票数を議席数に配分される過程で、5分5分の数字が与党多数になってしまったのだ。

 次に、小選挙区の数字の分析に移る。
-----------------------------------
●衆院党派別得票数(選挙区)
    議席  得票数
自民 219 3252万
民主  52 2480万
公明   8   98万
共産   0  494万
社民   1  100万
国民   2   43万
日本   0   14万
大地   0
諸派   0    2万
無所属 18  324万
合計 300 6807万

与党 227 3350万(49%)
野党  55 3133万(46%)
無所属 18  324万( 5%)
合計 300 6807万
--------------------------------------

 得票数と獲得議席数のアンバランスは、比例よりもひどい。
 与党の得票数は半数に満たないのに、獲得議席数は4分の3を越える。

 気の毒なのが、共産党で、500万票を集めながら、獲得議席はゼロ。
 得票数が5分の1の公明党が、8議席を集めているのに比べれば、いかに不公平かがわかる。

 分析で明らかなのは、庶民の半分は「反小泉」だ、ということである。
 自民は、決して過半数の支持など受けていないし、庶民の意識は「圧勝」とは程遠い。(前回の選挙と比べても、ほんの数パーセントしか、得票率は動いていない。)

 なのに、一部の政治集団が、国政を牛耳ることになる。
 今回の選挙の結果は、はっきりいって、制度の生んだ「数字のマジック」そのものである。
 こんな裏事情を知っているはずのマスコミの「与党圧勝」報道は、60年前の大本営発表と同じものだと、庶民は心得ていたほうがよいのではないだろうか。

リンク
リンク

※蛇足だが、選挙における死票の分析は、政治ジャーナリズムの基礎中の基礎なのに、マスコミはどこも大きくやっていない。
 これでは、マスコミは小泉翼賛の報道機関そのものではないか。

 また、現在の選挙制度が、いかに民意を捻じ曲げる制度であるかが、今回の選挙でよくわかる。
 小選挙区制は2大政党制を前提・目標として導入されたが、イギリスやアメリカのような、国民が階級分離(資産家vs労働者)、思想分離(中央集権vs政府不信)している国を、日本国民が別に目指しているわけではないと思うのだが・・。



 
List
  この記事は 97234 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_97269
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
いい男への道 −「あれ?」と思った違和感を大事にする− 「これからは探求の時代」 10/09/23 PM10
214024 09年総選挙 10%の自公支持層が民主党へ 小暮 勇午 09/08/31 PM07
国民の半数以上が「反小泉」の国会で、ここまでやりたい放題されるとは! 「地域を守る人たち(旧:なんで屋)」 06/11/16 PM11
101090 有権者の2/3は笛吹けど踊らず 小林雅志 05/11/19 PM10
99404 マスコミは目先主義の権化 橋口健一 05/10/20 AM01
百姓とマスコミとブログと 「ヒヨッコ百姓日記」 05/10/18 AM00
郵政民営化実現は政界の奇跡!? 「Financial Journal」 05/10/08 PM09
98572 時事(政治ネタ)看板を通して感じた可能性 清水昌広 05/10/06 AM01
アンケートしてみました 「なんで屋@名古屋のブログだがね!」 05/10/05 AM04
みんなどうする? 「なんで屋@名古屋のブログだがね!」 05/10/05 AM04
98156 民意はどこへ消えた? 小松由布樹 05/09/29 PM10
政治への関心が高まっている!! 「京男達の『なんで屋』道中記」 05/09/29 PM05
政治への関心が高まっている!! 「京男達の『なんで屋』道中記」 05/09/29 PM05
今日のテレビ 「毎日のありがとう☆.。.:*・゜」 05/09/29 PM04
今日のテレビ 「毎日のありがとう☆.。.:*・゜」 05/09/29 PM04
98099 なぜ、収束不全⇒秩序収束に反する、民営化か?A 安西伸大 05/09/29 AM08
98098 なぜ、収束不全⇒秩序収束に反する『民営化』か?@ 安西伸大 05/09/29 AM07
98097 これ以上、日本を売るな 安西伸大 05/09/29 AM07
打って出る! 「社会創造研究所」 05/09/28 PM11
景気悪いねぇ。 「日記 - chifumiさんのブログ - truefake@xoops」 05/09/28 PM00
97949 非有権者の意識 矢野悟 05/09/26 PM11
97864 たしかに日本に二大政党制は歪んだ結果をもたらすことになる。 松下直城 05/09/25 PM00
97768 自公連立3分の2超の意味 小暮 勇午 05/09/23 PM07
97750 なぜ「圧勝」をくりかえすの? 佐藤晴彦 05/09/23 PM00
97748 刹那的な空気で政治が変わる 匿名希望 05/09/23 AM08
97731 ”国民の圧倒的な支持を得た”それで良いのか? 正国稔 05/09/22 PM10
大衆はマスコミを思ったより信用していない? 「開放空間「THE ROTEN」」 05/09/22 PM09
97694 構造認識こそが武器になる 小松由布樹 05/09/22 AM08
おかしい 「開放空間「THE ROTEN」」 05/09/21 PM09
97661 マスコミ自身が答えられるのだろうか? 塩貝弘一郎 05/09/21 PM06
97632 4人に1人 矢ヶ崎裕 05/09/20 PM11
97598 大本営発表の「小泉圧勝」はウソ シャコンヌ 05/09/20 AM03
97588 多くの人が独裁化を危惧しているという事実 酒井裕志 05/09/19 PM10
「“小泉圧勝”のウソ」 これは使えるぞ! 「なんで屋@奈良」 05/09/19 PM08
97573 巷のおっちゃんらも小泉支持とは限らない 新大阪駅 05/09/19 PM02
97555 違和感の出所〜ファシズムへの不安 田野健 05/09/19 AM08
97546 現在の選挙制度の限界が表面化してきた 村上祥典 05/09/18 PM11
97543 少しでも物を考える若者は、○か×かの判断を迫る設問自体を拒否した 東努 05/09/18 PM10
97504 敗北した政党の閉塞と、突破口。 田村正道 05/09/17 PM11
97502 なぜ小選挙区比例代表制に疑問が出ないの? 谷光美紀 05/09/17 PM11
97490 選挙って何のためにするの?? 宮崎未帆 05/09/17 PM10
選挙を斜めから見ると・・・ 「天道金太の日々是好日」 05/09/17 PM09
比例代表制とは? 「なんで屋<男塾>梅田」 05/09/17 PM07
小選挙区制とは? 「なんで屋<男塾>梅田」 05/09/17 PM01
97449 「事実を歪曲した報道はやめろ」とマスコミに直接抗議しよう 蘆原健吾 05/09/17 AM00
[アンケート]死票を認めるか?小選挙区制アンケート中間報告(ご協力お願いします) 「独裁時代がやって来た 今こそ良識を持つ人は日本の民主化のために発言し、大同団結しよう」 05/09/16 PM11
97441 こんなに違和感のある選挙は初めて 新川啓一 05/09/16 PM10
97436 やばいかもしれない 積満也 05/09/16 PM10
遅ればせながら得票率と「民意」を考える 「北京でライフォ(≠2nd)!」 05/09/16 PM07
自民圧勝? 「ブログ de なんで屋」 05/09/16 PM00
97403 未成年模擬投票結果 沼田竜一 05/09/16 AM04
97389 未成年者(非有権者)の半分以上で「反小泉」という結果が・・・ 田村飛鳥 05/09/15 PM11
[メディア・リテラシー]半数満たない票で7割超える議席を奪う詐欺的方法は独裁の始まり 「独裁時代がやって来た 今こそ良識を持つ人は日本の民主化のために発言し、大同団結しよう」 05/09/15 PM10
97381 自由民主党のメディア、ネット時代への適応力 村田貞雄 05/09/15 PM10
なぜ自民党は敗北したのか? 「◆木偶の妄言◆」 05/09/15 PM07
違和感! 「なんでやRADIO」 05/09/15 AM01
97343 2005衆議院選挙関係資料2 田村飛鳥 05/09/14 PM11
97341 2005衆議院選挙関係資料1 田村飛鳥 05/09/14 PM11
暗雲立ちはだかる日本?(導入編) 「なんで屋−驀進劇−」 05/09/14 PM10
幻想が生み出す独裁政治 「開放空間「THE ROTEN」」 05/09/14 PM09
97311 9/13日経新聞掲載の得票率 福島健 05/09/14 AM09
なんだか、楽しくなりそう!! 「〜恋愛の行方〜」 05/09/14 AM02
マスコミ劇場選挙の結果を論ず 「Web Trend Review」 05/09/13 PM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、49年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp