農村を活性化させる為には?
9441 上中町企画需要分析B体験教育(農が教育に及ぼす効果)
 
北村浩司 ( 壮年 滋賀 広報 ) 01/08/30 PM10 【印刷用へ
 子供達のひ弱さや、精神欠陥の激増、生活の知恵の欠如等の現状を受けて、自然体験・農業体験が拡大しています。
 まず需要の分析に入る前に、農の教育や人の心に与える意味について触れておきたいと思います。
 農の持つ「効用」で、実感上及びデータ上確かめられていることとして、自然体験や生活体験(果物の皮をむく、野菜を包丁で切る等)の有無や頻度と、道徳観・正義感(ex.友達が悪い事をしていたら止めさせる、席を譲る等)とは強い相関関係があるという点が上げられます。
 おそらくそれは、自然の圧力を前にしての自己の制御、自然の持つ癒し効果による充足感情、協働作業による達成感や一体感の充足の体験等に起因するものと考えられます。また体や手を動かす事と、自我の制御とが何らかの形で関わっているのかもしれません。
 
 また他にもうつ病や拒人症の治療において、農作業が組み込まれた治療法がいくつか実践されています。関西では例えば、藤岡氏が主催する三重県名張市の「赤目診療所」が上げられますし、これだけでなく心理療法の一つである「森田療法」では、農作業が治療上プログラム化されているものがあります。

 また古くは明治維新の際に、社会的役割を失い、精神的空白に陥った士族を立ち直らせるため、規則正しい「農生活」を送らせ再生させた事例もある様です。

 実際に人の心に「農」がどのような作用を及ぼしているのかは、理論的には実は私も良く分かりません。
 
 ただ人間が共認動物であり、期待と応望を活力源とする存在である、ということを考えれば、おそらくこれらの回路を真っ当に開いていくという効用を持つということなのでは無いかと考えられます。
 その点で思い起こされるのが、長年農業を行っている篤農家は稲などの作物と会話ができるらしいということです。実際会話を行っていく事で作物の健康状態や何が足りないかがわかる様です。

 話は脱線しますがヤマギシ会を創設した山岸巳代蔵氏は(彼は元々発明家であったようですが)稲と1日中会話していた人であり、このるいネットの「男女」の掲示板で議論されている「本源の性」(と思われる)を実践できた人でもあった様です。
つまり応望回路が非常に発達していた人のようです。

 元々人類はサル以来築き上げた、期待応望回路を自然を対象に転用し、自然の声を聞き取っていました。物言わぬ植物達の、ほんの僅かの現象上の変化を、応望回路を用いて捉え、その植物たちの声に応える事で充足を得るという形で、日常は「自我」の圧力が邪魔して開けない応望回路が素直に開かれていく。作物と接するということはそういうことなのではないか?と私は解釈しています。
 
List
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_9441
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
農が育む教育シリーズ7〜畑が人を育てる タキイ研究農場付属園芸学校 「新しい「農」のかたち」 12/01/24 PM07
「自然体験学習教室2010」 第10回 〜もちつき大会!!〜 「類塾★自然体験学習教室の広場★」 10/12/15 AM00
みんなが笑顔になる魔法☆+゜〜肯定視が、健康の源3「相手も自分も同じなんだ!」 「地球と気象・地震を考える」 10/09/18 PM03
こんな子育てがしたい♪〜「農」で心を開く!? 「感謝の心を育むには」 10/05/27 PM11
世界金融危機で、より本質的な教育のニーズが顕在化する …『自然体験学習教室』 「新しい「農」のかたち」 10/02/08 PM10
精霊や自然と語り合える(通ずる)能力 「縄文と古代文明を探求しよう!」 09/11/24 PM09
自然体験学習教室 第9回 『販売体験in大阪!!』 「類塾★自然体験学習教室の広場★」 09/11/12 PM05
216161 精神欠陥の激増、生活の知恵の欠如→自然体験・農業体験の必要性 匿名希望 09/09/30 PM09
212201 農作業で精神疾患が改善されるのなんで? 高間愛美 09/08/04 PM11
自然体験学習教室 第五回 「収穫&出荷準備をしよう!」 「類塾★自然体験学習教室の広場★」 09/07/09 PM11
自然体験教室 第一回 開講式 〜春の自然を感じよう〜 「類塾★自然体験学習教室の広場★」 09/04/16 PM07
類農園の設立1・・・なんで農業なの? 「新しい「農」のかたち」 07/01/16 PM11
124349 作物には自我が通用しない。 高菜ごはん 06/06/30 AM11
124347 自我回路が共認機能による評価不満から 高菜ごはん 06/06/30 AM11
123104 自分で、自分自身の責任を持つために 06/06/21 PM06
120887 実は世界的潮流? 匿名希望 06/06/14 PM09
120800 現在の外圧は不十分 base 06/06/14 PM01
115969 人間関係の中での効用は? 関谷啓太郎 06/05/25 PM07
111550 自然の癒し効果で子供を育てる。 細田卓司 06/05/05 AM02
111143 人ごみに酔う=期待応望不全?? 鈴木寛 06/05/02 AM10
111103 日本人は自然の声を言語脳で聞く 岡本誠 06/05/02 AM00
110307 植物と期待応合 高井春香 06/04/26 PM10
109882 相手の自我を自我と認識してしまうこと自体が自我である 加藤弘行 06/04/25 PM10
109758 他人より生物に肯定できるって 匿名希望 06/04/24 PM09
108071 期待に応えることが期待をかけるということ 丸山桂 06/03/26 AM09
106480 癒しは現実逃避 熊澤敬輔 06/02/28 AM01
104447 「心の広い」がよく分かりました。 後藤美奈子 06/01/23 AM10
104086 肯定視は五感のバランスよい発達から 明けの明星 06/01/16 PM00
農作業と肯定視 「開放空間「THE ROTEN」」 06/01/09 PM07
101988 警戒心(≒否定視)がまともな社会(仲間)の形成を妨げている。 原田昭雄 05/12/04 AM09
101163 自然(植物)と同化し対象性を身に付ける 芝田琢也 05/11/20 PM11
99111 共認社会を実現することによって、共認回路は再生する 松尾茂実 05/10/14 PM10
98654 反応充足の期待=相手注視 尾曲圭介 05/10/07 AM01
98608 肯定視の鍵は「自然」 匿名希望 05/10/06 PM03
97221 農と意識形成・なーるほど! 匿名希望 05/09/12 PM01
94684 現在こそ必要な肯定視という基本認識 吉川明博 05/07/17 AM08
93182 自然の大事さ 矢内春菜 05/06/23 PM01
93079 意識して対象化する必要 矢野悟 05/06/21 PM01
92942 我を忘れて・・・ 走馬灯 05/06/18 PM10
92325 「皮膚感覚」と共認回路 藤岡聖子 05/06/08 PM11
特殊出生率(1.288)の低下と新しい学校(朝日塾)の関係を見出す。 「なんで屋−驀進劇−」 05/06/03 PM08
91159 農業体験を通じて@ 期待封鎖から脱するための訓練 奥澤健 05/05/21 PM04
90826 農業は共認回路再生のエキスが詰まっている。 原田昭雄 05/05/16 AM00
90789 「農に携わること」=人類進化のダイジェスト版 大森義也 05/05/15 PM04
89229 対象化能力のサビツキ 小刀 05/04/20 PM11
89035 「農村の全寮制」実現に向けたの課題、その2 吉国幹雄 05/04/17 PM06
89033 「農村の全寮制」実現に向けたの課題、その1 吉国幹雄 05/04/17 PM05
88242 自然に感謝! 山田純子 05/04/01 PM10
87996 最近の自我の中身について マー 05/03/27 PM04
87873 植物も人間も…同化するには肯定視 平松拓也 05/03/24 PM11
87541 自然の持つ無言の力が共認回路を再生する 大木康子 05/03/18 PM02
87067 しっかり掴んでいこう 立石裕美 05/03/09 PM11
87001 農業を媒介した期待と応望 馬場康一郎 05/03/08 PM10
86938 学校には農村のような極自然な地域の規範意識が必要では。 今井勝行 05/03/07 PM10
86604 不全対象を肯定視できた。 佐藤賢志 05/03/02 AM05
86576 自然圧力と対峙すること 澤根和治 05/03/01 PM10
86513 農業の期待応望回路再生構造を路上に拡げ始めた「なんで屋」 斎藤一浩 05/02/28 PM09
86353 対象を肯定視する 橋田和弘 05/02/26 AM02
85789 農(自然)との対話が共認機能を再生する 大西敏博 05/02/16 PM06
85615 共認という概念が不可欠 柳瀬尚弘 05/02/13 AM00
85302 自然と人は本能レベルの関係 岸良造 05/02/07 PM10
85186 自然があると癒されるって、微妙・・・・? 佐藤晴彦 05/02/05 PM09
84721 五感を再生させる 喜田育樹 05/01/27 PM11
84162 肯定視の対象はみんな 大嶋洋一 05/01/18 AM01
84114 「肯定視」の清清しさ 井上誠 05/01/17 AM02
83952 忘れていた感覚 浦野てる代 05/01/13 PM03
83259 赤ちゃんと過してみて 野崎章 04/12/27 PM09
83122 農業回帰は何故か? 岡村基之 04/12/24 PM11
83058 自然に接するがごとく人に接する。 東努 04/12/23 PM10
82729 心が洗われる 前山修司 04/12/17 PM10
82569 自我を抑える充足体験 山田渉 04/12/14 PM11
82557 農業という協同を通して。 菅原正輝 04/12/14 PM10
82532 農=命を育てる事 マー 04/12/14 PM01
82380 植物と路上 田野健 04/12/11 PM01
82252 自然を感じ取ること 伊藤浩 04/12/08 PM06
81979 農の作用・効果事例 関英治 04/12/02 PM10
81868 子育ての可能性を村落共同体に求めだした 中野泰宏 04/11/30 PM01
80686 農村が人の基本を育んでいく 山崎許子 04/11/11 PM10
79915 農の効用 庄恵三 04/10/27 AM00
9639 物言わぬ植物達の「声を聞く」 大串幹夫 01/09/02 AM02

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、49年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp