核家族が毒親を生み出す
94057 高野山高校の新しい取り組み
 
高利 ( 26 大阪 ) 05/07/07 PM02 【印刷用へ
>乳幼児期の母親との親和充足(笑顔の交信やスキンシップによる安心感)が人格形成上決定的に重要であるにもかかわらず、スキンシップが充分できていない場合、子供は親和不全(怯えに近い不安)に陥る。しかい、赤ん坊にとって母親は絶対存在であるため、親和が得られないのは「自分が悪い」からだと自己攻撃し、己の欲望や期待を封鎖して、母親から与えられる規範観念(「ああしなさい、こうしなさい」「それしちゃダメ」etc)にひたすら収束する。(68500 松尾さん)

親の囲い込みは会社を辞める若者の問題や自己中殺人、短絡殺人の問題等様々な深刻な問題を引き起こしている。

何故親は子供を囲い込むのか?不安だから、とりあえず自分の子供は少なくとも(親のモノサシにおける)いい子になって欲しい。世間的にも恥ずかしくないように、又は自慢できる様な子になって欲しい。と言った辺りになると思う。

そこで、母親が収束先とするものの一つが「学歴」であると思う。中学受験熱は(要因は他にも考えられるが)未だに冷めていないし、所謂「教育ママ」も少なくない。そういう親は旧い形で熱血指導する塾から出される膨大な宿題を、我が子が家でしているか監視して、出来ていなければ叱る。親にしてみれば「我が子の為」という気持ちが強いのだろう。しかし、そうして受験に「勝った」子供ほど進学先で燃え尽き、何らかの欠損を持ったまま大人になっていく。

そういう親の囲い込みを突破するかもしれない新しい試みが大阪の高野山高校で成されている。その名も「京都大学文系特別進学コース」というもの(リンク)。京都大学合格に向けて高野山の寮に泊り込んで集中的に鍛える。更に

>京都大学文系特別進学コース(京大特進コース)ではみなさんの志望する大学への合格を保証します。万が一、志望大学への合格が果たせなかった場合、授業料等は一切いただきません。(リンクより)
と、授業料まで保証している。

このコースが何故親の囲い込みを突破するかもしれないかというと、上述の通り、「学歴への過期待→家庭という密室空間での囲い込み」に対し、寮に泊り込み、同じ課題を共有する仲間と共に、囲い込みの親の最終目標たる京大合格を実現してやろうという点に可能性を感じるからである。

親の囲い込みによって無理やり有名中学に入った子供と、高校三年間を家庭から脱出して仲間と共に勉強に励んだ子供。もしもこの「京大特進コース」の生徒が大学進学の成果を出したなら、親の囲い込みよりもはるかに強固な仲間の力を実証出来るかもしれない(現在このコースに在籍する生徒がどういう理由で入ったかは分からないが)。どういう成果が出るのか今後も注目したいと思う。

 
List
  この記事は 75324 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_94057
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp