否定脳(旧観念)からの脱却
93035 経済学が必要とされたのは?
 
立石裕美 ( 26 兵庫 ネット関連 ) 05/06/20 PM07 【印刷用へ
経済学が必要とされたのはなんでだろう?っていうのが気になったので調べてみました。

経済学はいつできたか?
>16世紀から18世紀にかけての資本主義の成立期に胎生し,18世紀末に誕生した。アダム・スミスが『諸国民の富』(『国富論』とも訳される)を刊行したのは1776年であり,この書が現代の「経済学」の出発点に位置づけられている。

それ以前はなぜなかったのか?
>人間はひとりで生きていくことは不可能であり,常に社会集団の一員として生存せざるをえない。この集団が一定の大きさになると,「分業」(division of labor)が社会のなかで成立しはじめる。(未開社会においては,みんなで協力して狩りを行い,獲物は平等に分配するという仕組みだった。これは「原始共産主義社会」とよばれている。)

>ところが,「分業」という機能を円滑に機能させるのは,そう容易なことではない。社会が発展し,複雑になればなるほど,多種多様な職業が生まれてくるのだが,社会が円滑に機能するには,そうしたさまざまな職業のすべてに,適正な人数の働き手を配置しなければならないからである。たとえば,電車の運転士がいっせいに司法試験を受けようという気まぐれを起こしたり,日本中の弁護士が出家しようとしたり,あるいはウェイトレスに誰もなろうとしなくなったり,大学の卒業生の半数が小説家をめざすようになったとしたら――社会は大混乱をきたすであろう。人類は,このような破滅を避けるための方法を,三つ見出した。
>1 伝統にもとづいて社会を組織し,慣習やしきたりによって職業を世襲的に受け継ぐことによって,「分業」の固定化をはかる方法。
→インドのカースト制度においては,人間は宗教の教えにより親の職業を受け継ぐ義務があり,もし職業を別のものに変えようと思うなら,それは神にたいする冒涜だとされた。
>2 中央権力の独裁的支配によって,社会的分業を維持する方法。
→たとえば古代エジプトのピラミッド建設を想起せよ。その建設を可能にしたのは権力者の勅令であり,このような独裁社会では,最高権力者の発する勅令と刑罰が社会を支える柱となっていたのである。
>こうした方法で社会システムが維持されるかぎり,「経済学」は必要とされなかった。そして,16世紀までの人間社会は,基本的にこのような原理によって維持されていたのである。リンク

つまりは、社会システムが維持されなくなったので、次の統合軸として必要とされた。3つ目の方法が経済学だった。

しかし、その経済学が目指したものは?
→「社会全体の幸福を最大にする」こと。「幸福」とは豊かになること、すなわち、金持ちになること。
社会全体の幸福を最大にする。そのために必要なことは豊かになること=金持ちになることではないのだという認識だけでも大きく変わるのだと思いました。
 
List
  この記事は 985 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_93035
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp