日本人の起源(縄文・弥生・大和)
92938 共認経済学による社会とは?
 
平野貴紀 ( 24 埼玉 エンジニア ) 05/06/18 PM10 【印刷用へ
>共認充足の時代においては、経済活動そのものが二義的な位置づけとなり、経済学の重要性は低下すると思われるが、過渡期の現在においては、自我経済学の原理に凝り固まってしまっている、人々の意識を解放するために、共認経済学の原理を明確にしていくことが重要であると思われる。

 量子力学の巨匠デビッド・ボームは晩年、人間同士が行なう『対話=ダイアローグ』に最も力を入れました。ダイアローグのダイアは「通じる」、ローグは「真理」を意味します。
 つまり、お互いがお互いを認め、情報をみんなで共有し、相互の意見や想いに耳を傾けて対話を進めるならば、独りよがりや先入観が排除され、一人では達せないような、よりふさわしい答えに至る事ができるということです。

 そこで、この対話による共認を重視すると、必然的に大きな集団では不可能で、よりふさわしい小さなサイズの集団にならざるをえなくなってくると思います。また、その集団の中では自分達の活動が他の人々や社会に及ぼす影響に対して、しっかりと責任を負う必要も出てくると思います。
 そのためには、自分達の生活の主要な部分を、できるだけ自分達の見える範囲で生産し、消費することが必要になり、その社会システムも自己管理し、金融も教育も自分達で担う。つまり、みんなの、みんなによる、みんなのための、社会を形成して行く事が大事になってくるように思います。
 すると、それは意外と小さな地域レベルでの活動となってくると思います。 もちろん、これは昔の田舎にあったような一つ一つが独立した閉鎖的な共同体ではなく、また、どこかに理想郷を作ることでもありません。

 では、一体何がどう具体的に変わるのか?
 例えば、共認が基本の共同体では、生産者と消費者、経営者と従業員、店員と客といった相対する関係よりも、それらが相互に密接に融合した形が生まれてくると思います。
 それは、個人が全てに所有権を主張するのではなく、共有できるものは皆で持つという形態だと思います。それにより無駄なこともなくなると思います。
 すると、資源の利用についても、それは地域で共同で自給自足する方がより良いということになると思います。これにより、必要なものを必要なだけ消費するといった、より経済的な社会が形成されると思います。
 さらに、財やサービスの交換もみんなで管理する交換システムの中で行い、子供の教育も、大規模な画一的なものから、その地域の文化と子供の特質、精神的・身体的な発達に合わせた教育が可能になると思います。そして、そのためには共同体に支えられた小規模な学校が必要になってくるでしょう。

 このような共認原理に基づいた共同体では、その中の一人一人は、その共同体の中に自分の居場所を見つけることができ、共同体を支える大切な役割を担えるようなり、その自分の居場所と役割は、常に周りから与えられ、活力は低下することはないと思います。さらにそれを広げ、周囲の共同体同士でも役割を分担し、期待・応望の関係を築けるなら、閉鎖的な共同体環境になることはないと思います。
 
List
  この記事は 78729 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_92938
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
93327 共認を基本とする共同体づくり 匿名希望 05/06/25 PM06

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp