私権社会の婚姻制
92431 交易商品価値=「希少価値」
 
ジャック・ダニエル ( 24 愛知 ) 05/06/10 PM01 【印刷用へ
>実際、古代市場も、女の性的商品価値を一層高めてくれそうな宝石や絹や毛皮を主要な交易品として、拡大していった。(なお、近世→近代も、呉服や毛織物やレースが起点になる。)
30709:四方さん)

>市場の真の起源は、私権闘争の抜け道としての、快美幻想の共認、もっとはっきり言えば「騙し」をテコとする私益行為以外には考えられない。)
(同上)

 市場の原型となった、古代の「交換取引」の原理とは、どのようなものなのか。

 それは、「滅多な事では売れない⇒高く売れる」ような商品が取引される事によって、成立し得る。

 そこでは、実際の「見栄え」や「使い心地」のような要素はあくまで第二義的なもので、「滅多に手に入らない、貴重なもの」という「希少価値」こそが、性的な幻想価値と一体になって機能した(だからこそ、「幻想」なのだが)。

 例えば、シルクロードの主交易品である「絹」を例にとってみると、その「希少価値」が意図的に維持され、高められていたものであった事が分る。以下は、「朝日新聞社広告局:シルクロード、6,000キロの軌跡」より引用。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
>ナポレオンをはじめ世界中の権力者の多くを魅了してきた絹。発祥の地中国では、絹は単なるモノではなくお金の代わりに使われ、または皇帝が臣下に与える褒美や近隣諸国への贈り物など政治の道具としても利用された。絹が珍重されるのは、その肌触りのよさや光沢の美しさ、見た目の豪華さにあるが、なんと言っても生産量の少ない希少価値にある。今でこそお金さえ払えば誰でも手に入るが、その昔中国では何百年もの間養蚕技術は国の最高機密とされ、それを他国に漏らした者は死刑になっていた。
 その門外不出の絹の秘密がヨーロッパに伝えられたのは、6世紀のこと。ローマ帝国のユスティニアヌス帝が中国にキリスト教の修道士を数人送り込んで、蚕の卵を盗み出させたという話は有名だ。中国による生糸の独占体制が崩れてからはヨーロッパの宮殿でも絹製品が作られるようになり、ヨーロッパの植民地支配による領土拡大や交易の活発化に伴い世界中に広まっていった。

>絹は東の中国から西の地中海沿岸まで不毛の荒野を抜け、険しい山脈を越え、灼熱の砂漠を横切り、隊商たちの手によって運ばれた。ただ、シルクロードを端から端までたどる者はほとんどいなく、多くが隊商から隊商に引き継がれていった。そして、持ち主が代わるたびに絹の価格はつり上げられていくのである。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 交易商品価値が、まさに国家規模の作為によって、また何千キロという長い距離によって、捏造されていった背景には、常にその商品の「希少価値」が、それを身に付ける事で「女の性的商品価値を高める事ができる」という当時の支配階級の遊興の場(=宮廷サロン)における性権力の存在が見え隠れしている。

 
List
  この記事は 30709 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_92431
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp