’70年貧困の消滅と私権の衰弱
92274 百貨店は「要らない」
 
矢ヶ崎裕 ( 30 長野 経理 ) 05/06/07 PM11 【印刷用へ
半年ほど前のことだろうか、新宿の老舗デパートが大改装をして、中身がすっかり変貌した。

それまでの店内は、典型的な「百貨店」のスタイル。主に衣料品が、所狭しと陳列されていた。だが、とにかく客が少ない。「これが新宿の一等地に立つデパートなのか?」と目を疑いたくなるような状態だった。

改装後は、1階をブランド物で固めている他は、ほとんどを大型書店と大型雑貨店とで占めている。“何でも揃う”「百貨店」の姿は、そこには無かった。ただし、改装前とは比較にならない賑わいを見せていた。

周囲の競合デパートが、早くから“専門店化”や“大型書店との連携”を進める中で、この老舗デパートは、明らかに取り残されていた。しかし、おそらく売上が減少し続けた結果、ついに認めざるを得なくなったのだろう。「百貨店は、もう要らない」という事実を。

私権闘争の圧力で満たされた社会では、人為的な私権の強制圧力とそれに基づく共認圧力によって、「私権だけが絶対的に必要」(従って、何にたいしても必要か否かの判断は一切無用)という極めていびつな状態が作り出されてきた。(33995

百貨店こそ、「私権だけが絶対的に必要」な時代の“申し子”だったのではないだろうか。「私権だけが絶対的に必要」で「必要か否かの判断は一切無用」な時代だったからこそ、あらゆる高級品を陳列した「百貨店」に、大衆が押し寄せたのだろう。

脱「百貨店」現象は、「百貨店」という業態が、「『必要か否か』という土俵上で真っ当な判断の洗礼を受け」(33995)て、「否」の判断を下されたことを意味している。

加えて言えば、新宿の大手百貨店が、相次いで大型書店と手を組んでいる事実は、最先端の意識潮流である「答え探索」の旺盛ぶりを暗示している。
 
List
  この記事は 33995 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_92274
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流7 同類圧力は、新しい認識によって生み出される
新しい潮流8 現実を対象化するための概念装置
新しい潮流10 外向仲間収束は、観客から協働者への移行の土台となる
新しい潮流11 外向仲間の拠点(収束核)が、認識形成サイトである
新しい潮流12 外向仲間の本質は認識仲間である
新しい潮流13 認識仲間の実現基盤
新しい潮流14 社会空間における本源共認の実現形態
認識形成サイト1 認識仲間の演場となる拠点サイト
認識形成サイト2 単なる共鳴・伝播と参加・協働の違い
認識形成サイト4 市場原理の観客読者と本源原理の協働読者
発信欠乏は、喉元まで出かかっている
認識の営業は、相手を選ばない
対象は、ネットに馴染んでいない普通の人々
認識営業の『まつり場』こそ、『原初の社会』である
新しい社会の原基構造
認識を伝えた相手にも、同じ充足感を味わってもらう
認識営業の条件:対象はあくまでも新しい相手
私達は「気付き」始めた
本当にどんどん広がってる!
新たな世代間対立の始まり
みんな期待に応える場では、全員が供給者=需要者
サークルの引力と交流会の引力
バラバラだった社会現象が、交流会では繋がっていく
心斎橋(アーケード)路店でA
心斎橋(アーケード)路店でB
心斎橋(アーケード)路店でC
「次は、路上の時代になる!」と言い切った、その女の子。
共認運動の最前線(なんでや露店)と後方基地(なんでや勉強店)1
勉強って、こんなにも面白いものだったとは!
なんでだろう?を超えてしまった高校生
おばちゃんの表情に見る社会不全の表出
なんで屋さんはなんでも屋になれる
否定を超えて可能性基盤へ 
大衆の言葉の変化もプラス思考で
発信するために、受信する
ツイッターで、ひたすら皆の役に立つ事実を伝える。自らが媒体になりきる。

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp