もはや学校は終っている
91977 教育における父親の役割
 
小西康雄 ( 41 大阪 ) 05/06/03 PM01 【印刷用へ

先日、飯盒炊さんやオリエンテーリングなどを通して集団活動を身に付けることを目的とした「野外体験学習」に小学4年生から6年生の子供達10人と一緒に参加しました。

最初のうちは「あれをしなさい」「これをしなさい」と私が「指示」をしても、言うことを聞かず、聞いてもすぐに忘れる。まだ、ふざけたり遊んだする方に意識が向かっている様子です。
しかし、大人が手を貸さずに子供たちだけでオリエンテーリングに取り組んだ時には、体力が無くて遅れがちな4年生を前で歩かせたり、約束の時間に遅れそうなので池で休憩を早々に切り上げたりと、6年生のリーダーを中心に真剣に、そして子供とは思えないほど工夫し、しっかりと取り組むように変わりました。

これを通して感じたのは、小学生の子供であっても、仲間関係を基盤に課題・役割を共認して活動すれば、これほど真剣に活力を持って課題に取り組むことができるということです。
そして、そんな彼らを指導するということは、まだ彼らが未熟であることを除くと会社の若手を課題に取り組ませて指導することと大きく変わるところは無い様に感じました。

>かつて、大人・子供という区別はなく、子供は「小さな大人」とみなされ、物心がつく年齢(現代で言えば小学生に上がる年齢)になれば、他の家や村での見習い修行を通じて、大人と同じように働き、扱われる存在だったことがわかります。小さいなりに体力や知識に応じた、課題・役割が与えられていたのです。

乳幼児期の子供たちに必要な存在は、充分な親和を与えることのできる母親です。しかし、集団行動ができるようになった子供達の指導は、社会で集団を統合する男たちの役割でしょう。
それと同時に、この年齢に達した子供が家庭にいても、母親からはもちろん、家庭の中では解脱存在でしか父親から学ぶことなどできないように思いました。

 
List
  この記事は 84017 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_91977
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
109361 『〜したら周りが笑顔になるよね。』という発想の転換 池田優子 06/04/20 PM09
109229 子どもの疑問に答えられる大人 高井春香 06/04/18 PM09
男の存在意義 「開放空間「THE ROTEN」」 05/08/15 AM02
94041 生産課題のない密室家庭が否定視の悪循環を産み出している 匿名希望 05/07/07 PM01
93024 子ども達がリアリティーを感じるのは・・・。 あいうえお 05/06/20 PM01
92883 闘争存在を作っていける男 鹿村幸代 05/06/17 PM10
92686 叱り方誉め方がわからない 浦野てる代 05/06/14 PM10
92509 『昼間のパパ』がみれるところ 樫村志穂美 05/06/11 PM09
92504 子育てにとっても農は有用 三澤超洋 05/06/11 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp