収束不全:やりたいことが見つからない
9068 離脱感と充足感の綱引き
 
本田真吾 HP ( 44 香川 建築家 ) 01/08/25 PM08 【印刷用へ
いまるいネットにはまってる。しかし、かつての主体的な活力とは異なる。なにか、引き込まれる充足感を感じながらも、現実からの離脱感のようなものを感じている。この綱引き状態にありながらも、なんとなく引き込まれて、長時間サイトを覗いている。

>この悪循環の根は、古い運動(論)のパラダイムにある。 (9050 岡田さん )

これが離脱感の原因ではないかと思う。仕事場面ではまだまだ旧パラダイムの現実があり、環境系の運動団体と共通するものあると思う。しかし、潜在的にはそれらのパラダイムには飽き飽きしており、新しい充足関係を求めている。

だから一方で、心のおくで求めている新パラダイムに惹かれ『るいネット』にはまり、他方、現実の旧パラダイムに関係する活動からの離脱感により、そこからは充足が得にくい状況になっていると思う。

今後求められる、新パラダイムに沿った運動とは、旧現実からの離脱という過程(目先の運動論や性急な実関係の期待からの離脱)と、新現実での充足実感や新しい価値の蓄積(ネット上の受発信と通じた充足と新しい価値の顕在化)とういう2つの軸が必要だと思う。

 
List
  この記事は 9050 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_9068
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
9137 「仕事」と「趣味」 阿部和雄 01/08/26 PM05

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
自我ではなく、共認こそ原点である
自我とは?(フロイトとラカン)
個人主義<=>全体主義 と、利己主義<=>利他主義
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
市民という言葉の欺瞞
自然法、基本的人権とは何か−1
自然法、基本的人権とは何か−2
自然法、基本的人権とは何か−3
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
新たなグランドセオリーとしての実現論1−グランドセオリーとは何か
新たなグランドセオリーとしての実現論2−傍観者、あるいは引きこもりとしてのアカデミズム
近代思想は宗教と同根
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
若者が実感できる『旧観念』
「何でだろう?」を封印してきた価値観念
同化に不可能視はいらない
相手の感情を前提にしたら『権利』など崩壊する

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp