学者とマスコミはグルで頭脳支配
89768 あるNPO合同大会に参加した実感
 
八代至誠 ( 44 東京 建築士 ) 05/04/29 PM10 【印刷用へ
>もともとこの社会(市場社会)は、近代思想(恋愛・自由・個人・人権etc)に導かれて成長してきた。その同じ思想に立脚して、体制を転換させることなど出来る訳がない。にも拘らず、(新しい思想を構築しようとはしないで)「運動」を存続させようとすれば、身近で具体的な運動目標を結集軸にするしかなく、(もともとが体制と同じ思想に立脚しているので)身近な運動目標に埋没すればするほど体制に絡め取られて、体制の補完物になってゆく。(9050)

確かに、先日、私が、年に一回行われるかなり大きなNPOの合同大会に参加しましたが、その中でも代表のパネラーは、自らの運動の正当性と今後いかにして、存続していく事が必要であるかを声を大にしていました。

しかしながら、よくよく考えてみると、そもそもNPOは共通理念に基づく市民の自主的参加組織であり、故に自主性・任意性の面で提供するサービスが不安定・非継続的になるおそれがあることは否めないし、仮にリーダーが欠けたり個人的な対立などが起こったような場合、活動の停止や停滞といったことが起こりうると考えられます。

また、NPOで想定される市民像は、「自由と責任をわきまえ、合理的判断に基づいて行動する自律的市民」とはされてはいますが、(これは、まさに近代思想そのものなのだが)実態は、旧来の要求型市民という特性も併せ持つ場面も否定できず、行政により「自己責任」を一方的に強調し、行政責任をあいまいにしたり、行政の補助組織となってしまう場合もあるでしょう。

そして、NPOは構成員が市民であり、また市民公益活動を行っていることから民主的な組織ともいえますが、共通の価値観で結びついていることから、異質のものを排除したり、一方的な強い指導者がいる場合、彼の発言で行動方針が決まってしまう。これだとなんのための組織であるか全く分からなくなってしまう。

どうも、先に述べた合同大会やこれらの事を考えるに、NPO の活動の発端は個人から発信された側面がかなり強く、またこの時のテーマであった「一つのNPOが、孤立するのではなく、NPO同士が今後、繋がっていくことが、いかに重要であるか」を述べてはいても、では具体的にどのようにやっていくのかについては、まるで答えが出せずに、最後は、かけ声で終わってしまったのも当然の帰結であると考えます。
自分発である活動実態、そして旧観念によって導き出された運動、そして最後には、行政や既存の体制に絡め取られてしまう有り様。まさに、地に足がついていないちんけな運動といって当たり前といえるではないでしょうか?

 
List
  この記事は 9050 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_89768
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp