サル社会を解明しよう
89427 原猿が警告する人類の未来
 
村上祥典 ( 40歳代 島根 電気設計 ) 05/04/23 PM10 【印刷用へ
マダガスカル島の原猿集団にメス優位の猿集団がいます。

>外敵圧力の小さい隔絶された離島だったからこそ、ワオレムールは昼の世界に進出し、写真にあるように地上にも進出できたと考えられます。メス優位という霊長類では珍しい生態(これは原猿でも一般的ではないようです)もこのためと思われます。<28857

このワオレムールのメス優位の状況をビデオでみることが出来ました。
一匹のオスに5〜6匹のメスで一つの集団を形成しています。
この集団の縄張りの中に、人工的に水場を作ると、まず子を連れたメス達が集まります。メス達が水を飲み終わった後、一匹のオスが水場に恐る恐る近づいて、周りを伺いびくびくしながら水を飲み始めました。そこにメスの親子が近づいてくると、オスはすぐ逃げるように水場を譲りました。

これは、どうゆうことなのか?ビデオの中ではこのような状況になった答えは出ていません。このままでこのビデオは終わりか?という怒りまでも出てきました。
男でなくてもこの状況には、不全感を感じます。オスメスの役割が全く形成されていない不全感であり、可能性が見えないという不全感です。

>通常、戦闘行為(肉弾戦)は一日or数日で決着がつきますが、同じ相手とのニラミ合いが長期化すると兵士たちに厭戦気分が拡がって肉弾戦を回避しようとする様になり、互いに威嚇し合うだけの形式化された闘争に変わってゆきます(現在の多くのチンパンジーやニホンザルは、この状態にあります)。更に上記の如く閉鎖された小地域の様に、その様な状態が極めて長期に恒常化すると、遂にはニラミ合いさえ怪しくなり、同類闘争の圧力が極度に衰弱して、闘争を率いる首雄の存在理由も無くなって終います。<1811

まさに、この状態だと思いました。
上記のメスたちの集団は、メス10匹前後になると5匹前後の小集団に分派し別の縄張りで生きて行きます。その縄張り間では、同類闘争の圧力が極度に衰弱し首雄の役割はありません。

まるで、収束不全の状況下で目標を失った現在の男と同じようにも見えます。
私権統合が終焉した後の狭い私権の枠にこだわり活力を失う男達のように、また退職後の課題のない一対婚家庭の中の男のようでもある。

>生存圧力(自然圧力や外敵圧力)は、向こうからやってくる圧力であった。しかし、共認圧力は、期待と応望によって自分たちが作り出す圧力である。例えば解脱共認は、先ず自分から心を開いて相手に期待し応望しようとしない限り、決して形成されない。闘争共認も同じであって、先ず自分から期待し提起し応望しない限り、決して形成されない。従って、何事もまず自分から期待し応望してゆかない限り、同類圧力=共認圧力は形成されてゆかない。<実現論4_5_03

人類は原猿と違い、同類圧力=共認圧力を形成する能力を持っています。
が、私権に変わる新しい同類圧力(共認圧力)を形成しない限り未来はない。

閉鎖された環境下の原猿から、実感をもって今の人類の不全感と今後のあるべき方向性を知りました。まるで、進化したマダガスカル島の原猿が人類へ警告を発しているようです。
 
List
  この記事は 1811 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_89427
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
92931 存在理由の不在 〜現代人はサルより情けない〜 東努 05/06/18 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp