日本人の起源(縄文・弥生・大和)
8840 シベリアからの狩猟部族(替え刃式細石器)の渡来
 
細田卓司 ( 中年 香川 技師 ) 01/08/23 PM05 【印刷用へ
NHKの日本人はるかな旅』を見ました。以下のようなプロットでした。

 縄文人の遺骨から抽出したDNAを分析し,現生人類のそれと照合するとシベリヤのブリヤート族が同じDNA(南方系の例外がある・・これは続編のネタ振りだろう)を持つ事が分かる。考古学的な調査により,シベリヤの地に,人類が展開した時期そこは,(現代よりは)温暖な草原で,人類はマンモスを狩って生きていた。また,魚油を貯蔵する器として土器を使用していた。という事が分かっている。(他に替え刃式細石器など使用)

 再び寒冷期が巡って来た時,彼らの大半は,温暖な地を求めて移住を開始し,地続きのベーリング海峡を渡って現アメリカ大陸へ(ネイティブアメリカンの先祖だ)。またある分派は,同じく地続きであった現北海道へ移住展開した。そこは故地シベリヤが,かつてあったような草原であり,ナウマン象がいたりしたのだが,さらに寒冷化が進行し津軽海峡が凍結し歩いて渡れるようになったときはじめて本州に移動した。

 やがて日本列島に温暖化が始まると,草原だった植生が,照葉樹林の森に変化し寒冷地適応した大型の草食動物(ナウマン象,ヘラ鹿等)が絶滅してしまう。そこで人類は,豊富に有るどんぐりを食する為にシベリヤ伝来の貯蔵土器を煮沸土器に改良した。
 縄文土器の始まりであるが,温暖→寒冷→温暖の環境変化の中でシベリヤ草原の狩猟生活から日本列島の森の採取生活に適応様式を変換して初めて彼らは縄文人になったこととなる。

 なおシベリヤ発のプレ縄文人は縄文人の先祖の大きなグループではあるようだが,縄文時代を生きた人たちは,多様な出自を持つ人たちの混血であるようだ。
(番組の冒頭にも出てくるのだが,現日本人は,もっともっと多様な混血である)

 これについては番組の第2回以降に放送されるようです。

*********************************
 この掲示板に阪本剛さんが書いているように,人類の発祥の地はアフリカらしいが,草原適応した人類が,二本の足で歩いた,はるかな旅路の果てに,再び森の地で,(人類としての全く新しいやり方で)森林適応した叙事詩であるようだ。

 それにしてもモンゴロイドというのは,南アメリカの南端にまで達している。”グレートジャーニー”(橋本さんも参加した)の原動力となったのは,自然環境の変化に適応しようとする人類の活力だ。 
 

 番組について
 三ケ本さんのおっしゃるような定説の切り貼なのでしょうが,取材の綿密さ,構成,編集の上手さ,そして切り口の新鮮さは”40億年はるかな旅”でも見たようにNHKスペシャルチームの”プロ”(←このコトバは旗色が悪いですね,職人技か?)の仕事の良さが光ります。
 
List
  この記事は 8355 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_8840
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
9448 縄文人は北からやって来た? 山田真寛 01/08/30 PM10
9409 「モンゴロイドの地球」 蘆原健吾 01/08/30 PM06
9117 NHKスペシャル『日本人 はるかな旅』 私もみました 矢野聡子 01/08/25 PM11
8932 新たな課題です 麦秋 01/08/23 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp