社員の活力を引き上げるには?
87414 “会議”を、“まつり”に変えていこう。
 
根木貴大 ( 30 静岡 営業 ) 05/03/15 PM10 【印刷用へ
>集団統合上の矛盾に直面し、だからこそ改めて人工的に「祭・祀・政」が一体となった”特別の場”を設ける必要があったのでしょう。

サラリーマンであれば誰もが経験する“会議”。経営会議、重役会議、部門会議、スタッフ会議。。。会議と名のつく代物は、一体どれだけあるだろう。「なんでこんなにたくさん会議があんの?うっとうしいわ。」と愚痴っていた友人のことを思い出しつつ、しかし当然の様に普及している会議の在り様に違和感も覚える。

>会議(かいぎ、英 meeting)とは、関係者が集まって相談をし、意思決定をすることである。またはその集合のこと。会議は、組織において最も重要な人間と人間との間の意思を伝達する手段である。会議は、組織において非常に一般的かつ普及したものであるが、組織の多数の者は、会議があることを当然に思っているので、会議が適切な計画と実行に結びつかない限り、会議そのものが貴重な資源の著しい浪費になりうることを忘れてしまっている。このような会議が持つ重要性に照らして、会議を考案する専門職が近年登場した。(リンク

ウィキペディアはいつも単なるお題目に終始せず、リアリティある解釈を披露してくれるのでおもしろい。

集団規模の拡大とそれに伴う集団の分割及び多段階編成。結果、単位集団ごとに強い自己収束性(閉鎖性)のベクトルが働き、それは集団間の不協和音を招くこととなる。そのような組織統合上の矛盾を払拭するために設けられた、“特別の場”。サラリーマン社会にしぶとく根付いている“会議”とは、採取生産時代から続く“まつり”の名残ではないかと思う。

だから、愚痴る友人の気持ちはよく分かる。社会の圧力構造が様変わりしていく中で、それでも続く「非日常的」で「象徴的」な会議など、形骸化する一方だ。

いつの時代でも、私達は32642>闘争課題=能力上昇課題と解脱が一体となった日常の営みを求めている。

32642>われわれが次の時代の”まつり”を考える場合、もともと持っていた解脱充足と同時に、皆の期待と評価圧力に貫かれた能力形成の場であるということが、その不可欠の条件であると思います。

誤解を恐れずに言えば、これから求められる“会議”とは、私権社会で勝ち抜くための方針を考える場ではなく、社員の活力を再生させる場。そして、復活した活力を生かす道筋を考える場。

“会議”を、“まつり”に変えていこう。
 
List
  この記事は 32641 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_87414
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
99672 会議とは・・・ 今西美貴 05/10/24 PM01
90755 会議=まつり場=不全を明確にする場 匿名希望 05/05/15 AM00
90266 つまらない会議と面白い会議の違い 走馬灯 05/05/09 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp