否定脳(旧観念)からの脱却
86755 根底には不安解消
 
後藤美奈子 ( 52 大分 主婦 ) 05/03/04 PM02 【印刷用へ
>「存在不安」は、私権時代の全ての宗教・全ての局面に存在すると私は考えています。キリスト教においても、仏教においても、人々が求めるのは「救済」です。神の御座に祈るのは、魂の救済であり心の安楽であるのは洋の東西を問わず変わりません。これこそ、私権社会の宗教が「存在不安」を抱えている証ではないでしょうか。

「存在不安」を抱えている証。
これ、よく分かります。
これまでいろんな宗教活動をしている方からお誘いを受けることを数限りなく経験してきました。実際に会場に行ったり(体験会員?)いわゆる地域の指導者という方が自宅に来られたり宣教師が自宅に来たりというケースがほとんど。
さして入信なんて気持ちはさらさら無いんだけど、どんな話が聞けるのかな?という好奇心から。と、PTAやご近所という付き合いから。
お話を伺い最後にいつも「入信されたきっかけは?」とお尋ねします。
そうすると「病気で」「家族関係が上手くいかない」「仕事の悩み」といった身体上の不安や人間関係にまつわる不安がほとんどの原因での入信です。中には「家業の発展、仕事の繁栄」といった極めて私権的な発想から入信する方もあるようです。
皆さんがそうだとは言いませんが、中には教えと言動・行動が伴わない人もいて(都合信者・・・自分勝手)地域の役割を実に巧みに回避する人がいたりするのも現状です。
逆に地域の役割を気持ちよく引き受けて下さるんだけど、しっかり情報を得て布教活動に勤しまれる方も居られるのも現状です。

超ミーハーな私「入信するならカトリックかな?」と考えていた頃もありました。幼い頃、日曜学校で「イエス様」の勉強もし聖書も読み宣教師から英語も習いクッキーの作り方を教えてもらい知人の中に結構洗礼を受けたという人がいる・・・。といった理由で。
あとやはり「愛」という言葉は若い頃の私には心に響いていました。

「苦しい時の神頼み」じゃないけど不安に対する答えがないから宗教に収束という人がほとんどだと思います。
「こころのよりどころ」が欲しくて宗教にって感じがします。

>我々の言葉で、「生きる」ことは「呼吸」と同じです。
人は「オギャー」と産声を上げ今生最後の時に「息を引き取る」。
ありとあらゆる生命体と共存共栄。
ここ数年万物と同化し、その存在に感謝を捧げるネイティブ・カルチャーの精霊信仰に学ぶところが多くなりました。
最近、いわゆる地元の神社へ足を運ぶことが多くなりました。
なんて単純な私と笑いつつも、そこには「守られている」という感謝の気持ちが強く働くからです。
 
List
  この記事は 4829 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_86755
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp