共認運動をどう実現してゆくか?
86086 京都議定書
 
田中令三 ( 48 香川 総務 ) 05/02/21 PM08 【印刷用へ
>社会的な問題意識の高い人々の中には、環境その他のサークルで活動している人も多い。しかし、どのサークルも参加者は少なく、ネットワーク化も進んでいない。従って、それらの活動が大きな運動に盛り上がってゆく感じがしない。何より、それらの活動の集積が社会を変えていくとは思えない。だから、普通の人は参加する気になれない。<

地球温暖化防止のための京都議定書が、今月2月16日発効した。
京都市で開かれた気候変動枠組み条約第3回締約国会議(COP3)で議定書を採択してから7年もの歳月を経て、ようやくである。

発効は、エネルギー多消費社会から決別し「脱炭素社会」へと向かう第1歩だが、先行きは暗澹たるものだ。

旧ソ連を除く先進国の温室効果ガス排出量は02年時点で90年比8.4%増であり、90年以降2番目に高い水準であり、わが国においても08〜12年に90年比で6%削減することを義務付けられているが、実際は7.6%増と逆の結果となっている。

そんな中、各環境NGOは、議定書発効当日は、祝賀ムードに沸き立っている。
例えば世界自然保護基金(WWF)ジャパン(東京)が、発効前日の15日東京銀座で主催した前夜祭には各国政府の要人や環境NGO関係者らが数百人集まり祝賀ムードが盛り上がったとのこと・・・。

式典進行係の人間は、
「温室効果ガス削減で世界をリードするぐらいになるよう、日本政府に働きかけていきたい」と力強く語っている。

又別の環境保護団体の気候変動問題担当は、京都市内で「祝!京都議定書発効」と大書された記念気球を打ち上げ仲間と祝ったそうだ。

しかし、残念ながら以下の視点を欠いているため、実効が上がらないばかりか、単なる自己満足に終わってしまうだろうと私は思う。

>云うまでもなく環境破壊・肉体破壊の原因は、市場拡大にある。にも拘らず、市場拡大を推進してきた旧思想に代る新理論を構築できず、当の旧思想に依拠したままなので市場の補完運動に堕し(それではごく一部の人しか参加しないので)、環境運動のNW化さえ出来ないでいる。<

そう、消費社会との決定的な決別が成されない限り、つまり「脱市場社会」の考えに立脚しなければ、答えが出ない、そこに気付かなければ意味がないのだ。

温暖化の主因とされているCO2は、産業部門の排出割合が全体の約4割を占め残り自動車が3割、家庭生活関連が3割と言われている。

これら全ては、工業活動〜消費社会という大動脈で結ばれている。
ここを根底から覆す生活様式を得るために人類が観念機能を使わなければ、永遠に温暖化に歯止めが、かからないのだ。

そのためには、現実を見据えたうえでの、より多くの普通の人々(=使い古された旧思想とは無縁でありお互いに何のしがらみの無い人々)の意見の結集(共認形成)する場が必要なのだ。
*参考資料
・2005年2月13日読売新聞朝刊
・2005年2月16日毎日新聞朝刊
・2005年2月17日朝日新聞朝刊
               以上 
 
List
  この記事は 9050 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_86086
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp