私権原理から共認原理への大転換
83975 露店カードに見る、新しい評価指標の動き
 
井上龍之介 ( 26 神奈川 会社員 ) 05/01/14 AM00 【印刷用へ
>『必要か否か』という土俵上では、どれだけ多くの人が必要と認めたかが、つまり『人数』こそが、「お金」を超える最先端の評価指標となる。そこでは、お金は人数を判定する基準(お金を払った人だけを人数として数える)にすぎなくなる。つまり、古い評価指標=お金は、新しい評価指標=人数の補助指標に転落する。(33995 四方勢至 さん)

こうした評価指標の移り変わりは露店活動をしていて、感じるときがあります。例えば、お客さんのカードを買う目的(もしくは理由)。

露店でカードを買っていく人を見てみると、時間をかけてじっくり選ぶ人や、話に関連したカードをいくつか選んでいく人が非常に多い。それも自分のために買っていくというよりも、親や友達など他の人にプレゼントしたいという人のほうが多い。

もし「お金」が最先端の評価指標であるならば、露店のカードよりも、どこかの有名人が書いたカードのほうに価値を見出し、買う目的も「自分のためだけ」あるいは、人に渡したり(見せたり)することで「それだけ価値のあるものを買えることを示すため」であるように思います。

しかし、露店のカードを購入するお客さんをみると、そんな「自分のためだけ」というより、むしろ「それを他の人にも教えたい(伝えたい)」という感じが伝わってきます。だから、カードに書かれている言葉やお題とのつながりの話を非常に真剣に見聞きして、伝えたい相手にピッタリくるものを選ぼうとする。実際、カードの用途を聞くと、「部屋に飾る」というより「誰かにプレゼント」という人のほうが圧倒的に多い。

現実に役に立つ(=必要な)認識を自分以外の人にも伝えたい。
同様の動きが、それを聞いた人にも生まれれば、まさにカードを皮切りに多くの人に伝わっていく。
多くの人に伝わるということは、それだけの人に認められたということである。

そう考えると、露店のカードはまさに評価指標が移り変わりを示しているように感じる。
 
List
  この記事は 33995 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_83975
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
風土、生産様式、婚姻制
原始婚と性習俗
原始人類(後期)の全員婚
村落共同体の規範について
『日本婚姻史』の概略
日本の交叉婚の特殊性
「交叉婚」の集団性は?
交叉婚で発生した男の自我
江戸時代の結婚〜制度から見た男女の地位〜
西洋人の精神構造と異常な性意識
近代思想の結果が、現代
資本主義とセックス
セックスが「罪深くいやらしいこと」であるから、「処女性」が尊重される
処女観、初交観
夜這い「オコモリ」1
夜這い「オコモリ」2
夜這い「オコモリ」3
夜這い「オコモリ」4
和島家族論
水野家族論
夜這いの解体と一夫一婦制の確立1
夜這いの解体と一夫一婦制の確立2
夜這いの解体と一夫一婦制の確立3
恋愛も代償充足
その関係そのものが、心が通じ合えない構造にある
恋愛は共認不全をごまかす為の価値観念
性的独占意識の心理的転機
多くの男に女として認められること
オヤとコ(柳田民俗学から)
親の囲いが、対象を遮断し、活力を衰弱させる
過保護空間
「子供」という旧観念
婚姻が社会と切り離されて50年も経ってない
「二分の一成人式」に欠落しているもの
謝罪と感謝の方法
心の器
「セクハラ」の驚くべき事実。
イイ子・ワルイ子

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp