新しい男女関係(→婚姻制)の模索
82924 互いの性の尊重
 
後藤美奈子 ( 52 大分 主婦 ) 04/12/21 PM05 【印刷用へ
>セクハラ行為か否かのポイントは「された本人が嫌な気持ちにな
ったかどうか」ということだそうです。だから、同じ事でもAさん
にすると「セクハラ!」と訴えられ、Bさんにすると「コミュニケー
ション」になる場合もあります(これこそが差別では!)。
例えば、セクハラの事例として、学校で先生が、性差で役割分担を
決めてしまうことや(掃除の分担でごみ捨ては男、女は窓拭き)、
会社で男が女性のみ「ちゃん」づけで呼ぶ、「女の子」という扱い
をする等。湯茶サービス・コピーなどの雑用、補助的な仕事は女性
担当とする。これらもセクハラです。

そうなんですよね。
直接「セクハラ」とはかけ離れるん(?)ですが、某都銀に勤める知人の話を思い出しました。
コーヒーの淹れ方云々に何かと注文をつける支店長の話です。
大企業においては随分と前から、食事室もしくは水屋のコーナーにコーヒーメーカーや自動販売機が設置してあるので基本的には個人で用意して飲む事になります。まあ、食事時は大勢の人が集まるので人数分を用意することはあっても、序列社会の臭いが残る銀行と言えども、「支店長の為に」と特別に用意する事などありません。
来客以外は全て個人でが鉄則。
第一、「お昼」は支店長も来客や外回りで一番忙しいはず。
なのにこれから店頭や外回りに出かける女子行員に「コーヒー淹れてくれるか。」の催促。次に「このコーヒーは薄い」とか「香りが無い」とか「苦い」とかぶつぶつ・・・。
何かにつけて公私混同気味なんだそうです。
先日も忘年会に出席しなかった知人は嫌味たっぷりお小言を頂戴したそうです。
専ら、女性社員の間では、
「居場所が無いんだよね。きっと。」
「何であの人が支店長でいられるのか不思議。」とのマイナス評価が囁かれているとか。

私、思うんですが・・・
みんなの為に闘っている事が誰の目にも分かり尊敬出来るような支店長あれば「淹れてくれるか?」の以前に「淹れましょうか?」と素直に美味しいコーヒーを淹れてあげよう!って思うし、それは何もサービスでするんじゃなく「ほっと一息ついてもらいたいなあ。」という自然な気持ちが「あげよう」に繋がる訳ですよ。。
我ながら「女って単純かも。」って思うんですが、闘っている逞しい男の人を見ると気持ち良いし、安心するし、そんなボスなら期待に応えようって思っちゃいます。

「男女同権」に振り回され、大きな忘れ物したんじゃないのかな?
互いの役割の尊重がまずは基本じゃないのかな?
 
List
  この記事は 82433 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_82924
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp