民主主義と市民運動の正体
82433 「セクハラ」裁判の驚くべき事実。
 
廣重圭一 ( 41 東京 技術者 ) 04/12/12 AM04 【印刷用へ
>大した問題だと思ってなかった。(58656

 私もセクハラというと一般には男から女への性的いじめ、性暴力
というイメージがあり、何でそこまでやるの?程度しか思っていま
せんでした。ところが、セクハラのことを調べてみると、実は誰で
もセクハラと訴えられてもおかしくない状況があることに、愕然とし
ました。
 
 セクハラ行為か否かのポイントは「された本人が嫌な気持ちにな
ったかどうか」ということだそうです。だから、同じ事でもAさん
にすると「セクハラ!」と訴えられ、Bさんにすると「コミュニケー
ション」になる場合もあります(これこそが差別では!)。
例えば、セクハラの事例として、学校で先生が、性差で役割分担を
決めてしまうことや(掃除の分担でごみ捨ては男、女は窓拭き)、
会社で男が女性のみ「ちゃん」づけで呼ぶ、「女の子」という扱い
をする等。湯茶サービス・コピーなどの雑用、補助的な仕事は女性
担当とする。これらもセクハラです。
 また裁判にしても行為の性質上、第三者の面前で行われる事は少
ないため、行為を直接見聞した証人がいることは少なく、限られた
人間の中で裁判が進められ、本人が嫌な気持ちになったがポイント
です。だからセクハラと訴えた場合が圧倒的に勝訴のケースが多い
そうです。
 訴えられれば被害者に対する和解金・損害賠償金などの直接的な
損失はもちろん、そればかりではなく、紛争化することによって、
自身の職場や社会あるいは家庭に於ける信用・評価を失わせる事に
もなります。共認動物である人間にとってこんな辛い事はありませ
ん。こんな強制権利のポイントが「された本人が嫌な気持ちになっ
たかどうか」にゆだねられる。誰がどう考えてもおかしい。

 ここで考えたいのは、セクハラが良い悪いという価値軸ではなく
、何であれ法律として適用する以上、万人の共認が必要だというこ
とです。この当たり前のことが蔑ろにされているということです。
大多数の人が何かおかしいと感じながらも、一部の団体の権利・人
権+マスコミ権力で、あたかも皆が共認したように法律まで出来て
しまう。みんな共認の場の必要と、それが、現在の権利・人権に替
わるものだと思います。
 
List
  この記事は 58656 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_82433
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
184023 セクハラとは hardway 08/08/26 PM02
141343 セクハラ事件は捏造できるのか 小澤紀夫 06/12/30 PM03
国民投票法案って? 「Trend Review」 06/09/14 PM11
113437 210億円のセクハラ訴訟! 文無し 06/05/13 PM09
87458 ジェンダーフリーの実態 廣重圭一 05/03/16 PM09
85470 専用車両について ポリプテルス 05/02/10 PM03
84274 セクハラ問題について 匿名希望 05/01/20 AM11
83716 > セクハラの驚くべき事実。 寺嶋眞一 05/01/07 PM09
82924 互いの性の尊重 後藤美奈子 04/12/21 PM05

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp