現代意識潮流を探る
80790 本当は供給者になりたかったのだ!
 
井上緑 ( 23 神戸 OL ) 04/11/13 PM09 【印刷用へ
>期待するということは、可能性を感じ取ると言うことだと最近やっと分かってきた。
(80496『探索期待を顕在化させること(+付随する作業)』

>相手の期待に応えることが、自己の期待を充足してもらうことと重ね合わされ同一視されている。つまり、相手の期待に応え充足を与えることは相手に期待し充足を得ることと表裏一体である。
(実現論1_4_05)

相手に期待し充足することと、相手の期待に応えて充足することは表裏一体。「期待する=可能性を感じ取る」ということならば、「期待に応えたい、役に立ちたい=可能性を感じ取る、可能性収束」といえるのではないだろうか。

ここで、人々の意識潮流を遡ってみる。
>可能性探索は、今回も
イ:’70年頃にまず解脱収束に向かったが、旧観念に意識を侵され、かつ旧体制に出口を塞がれているので、解脱充足し切れないし、収束不全の答えにはならない。
ロ:そこで、’90年頃、旧観念・旧体制を捨象して、仲間内で(みんな共認)の充足基調に収束した。しかし、社会は旧観念・旧体制の共認で覆われているので、仲間内の充足基調だけでは、収束不全を解消できない(=答えにならない)。
ハ:こうして、’02年頃、私権活力の衰弱の果てに遂に私権観念(自分だけ。社会のことなど関係ないという観念)が瓦解し、頭の上の重石が取れたことによって、真っ直ぐに社会共認の可能性収束先を探索する探索基調に転換した。
(71820 『充足基調から探索基調への転換』)

解脱収束も仲間収束・外向収束(23326参照)も、単なる潜在思念の可能性収束にすぎないので、収束不全の答えにはならなかった。
そして、‘02年頃に顕在化した収束不全探索基調。過去の解脱・仲間・外向収束と違う点は、「答えがないので」ということを自覚しているということ。そこで真剣に収束先=『答え』を探索し始めたが、人々は秩序収束と答え探索の綱引き状態に陥る。そして答えが見えないが故に、具体的な収束先が存在する秩序収束(既存の制度や観念に収束)に傾いてしまった。

誰もが『答え』を求め続けている。収束先を探索し続けている。
これは揺ぎ無い事実。
『答え』こそが、今最も人々が求めているものだということを、
人々は潜在的に感じ取っている、もちろん私自身も。

『答え』=まさに『新概念』そのもの。
新概念を使いこなせない限り、答えを見つけたとは言えない。
新概念を浸透させない限り、おそらく目先の秩序収束は続く。

常に私の意識の中にあり、特に若者に顕著な「役に立ちたい」という意識。ボランティアや福祉学科、カウンセラーが人気なのも、実は可能性収束=「類的需要に対する供給者になりたい」ということ。

期待する=可能性に収束する。
可能性に収束する=役に立ちたいという意識が生起。
役に立ちたい=類的需要に対する供給者になりたい。

「役に立ちたい」という気持ちがあって初めて当事者意識は生起する。そして、供給者になるための勉強に真剣に取り組むのだと思う。
今まで漠然と抱いていた「役に立ちたい」という意識の根源には「供給者になりたい」があることを認識。一層勉強意欲が湧いてきた!
 
List
  この記事は 80692 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_80790
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
100659 本能不全と当事者意識 村田頼哉 05/11/10 PM11
3月19日のなんで屋劇場 「なんで屋@奈良」 05/03/23 PM09
84048 面倒って思うのは、単に自分が語れないことを捨象してただけ 三輪歩未 05/01/15 PM10
83606 蔓延する無難収束〜供給者の必要のさらなる高まり 柳瀬尚弘 05/01/04 PM09
82915 「供給者になりたい」という期待に応えたい 斎藤幸雄 04/12/21 AM03
81084 供給者(活力源)のネットワーク連鎖 匿名希望 04/11/19 PM10
81031 供給者としての女の役割=「子育て」 福田慎一郎 04/11/19 AM00
81009 みんな誰かに期待してほしい 山名宏明 04/11/18 PM07
80954 供給者になればもっと楽しい 石川笑美 04/11/17 AM02
80917 手伝い再考 宮谷和枝 04/11/16 PM09
80914 「供給者になりたい欠乏」 西村秀彦 04/11/16 PM07
80875 マスコミとの同類闘争 安西伸大 04/11/15 PM11
80870 可能性を感じ取る過程が不可欠 矢ヶ崎裕 04/11/15 PM10
80869 若者が目指せる「期待」が求めれている。 庄恵三 04/11/15 PM10
80865 「期待」の意味 渡邊真也 04/11/15 PM10
80859 企業の活力上昇にも使える 斎藤浩明 04/11/15 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp