原始共同体社会
79724 アフリカバクツ族の男女関係〜集中婚と全員婚の並存
 
冨田彰男 ( 41 兵庫 経営管理 ) 04/10/23 AM00 【印刷用へ
以下は、中央アフリカザイールのバクツ族の男女関係です。

探検隊以外に白人の入っていないコンゴ奥地の大密林で狩猟。食料に乏しく、一日一回の食事で、主食はヤシ油・草木の根・蛆など。酷熱の日中は木陰で昼寝をし、日が傾くと男が狩りに出かけ、一日が始まる。夜は広場で男が叩く太鼓に合わせて女がダンスした後、乱交する。

女は生産面での大きな貢献に加え、子供を産む部族繁栄の源であり、いかに男を惹きつけて受胎率を高め、たくさんの子供を産むかが評価基準となる。婚姻は一夫多妻制で、酋長になると30人もの妻を持つが、大陰唇・小陰唇にまで傷をつける割礼と婚姻後につける20sの足輪によって性機能・性感覚が発達した女は、性的充足を求めることに積極的で、他部族の男に対しても、サルのプレゼンティングと同じ要領で、尻を相手の目の前に突き出して挑発する。

一日一回の食事、蛆を食うなど、極限人類に準ずるような厳しい自然圧力に晒されている部族です。従って、原始人類後期の婚姻制度を追求する上での参考になると思います。

>極限時代の集団規模が30人程度とすると、そのうち半数は幼児や子供として、首雄は8〜9人の女の相手をしなければならなくなり、チャネリングが可能とはいえセックスなしは考えられないので、大変ではないだろうか(何より首雄は闘争課題を一身に背負っている)。それにチャネリングの延長上で肉体接触に及ぶ男がいてもおかしくはない。もしそうなったとしても首雄は許しただろうし、女も拒まなかったのではないだろうか。エクスタシーは自分も相手も境界がなくなり溶け合う世界であり、チャネリング⇒精霊信仰が最先端の可能性だったので、セックスを首雄に限定する規範もあまり意味を持たなくなったように思う。77760

注目すべきは、バクツ族では全員婚と首雄集中婚が並存しているということです。酋長は30人もの妻を持つそうですが、酋長一人が30人もの女とセックスしているとは考えにくく、妻という名前はついていますが、彼女たちも全員婚に参加していたのではないかと思われます。
 
List
  この記事は 77760 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_79724
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
231835 未開のバクツ族を知って♪〜女は性的存在、女としての役割をまっとうしてるかが最大の評価軸☆.。.:*・゚〜 三浦由衣 10/05/18 AM00
90261 早熟なバクツ族の女たち 松尾茂実 05/05/08 PM11
79851 アフリカバクツ族についての違和感と信憑性の薄さ 匿名希望 04/10/26 PM01
79838 バクツ族の一夫多妻と乱交の並存 岡本誠 04/10/26 AM00
79750 足輪による性機能の発達 宇津義和 04/10/23 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp