共認運動をどう実現してゆくか?
78502 「塾」と「なんで屋」
 
吉国幹雄 ( 52 鹿児島 講師 ) 04/09/28 PM01 【印刷用へ
>なんで屋で教えてくれるのは、現実に役に立つ認識!
だったら、塾や習い事に通わせるよりなんで屋に通わせる方がいい。
こういった期待がより顕在化してきたら、「なんでや教室」といったものが出来ていくのでは?って思います。<(78363三輪さん)

塾に携わる者として、「塾より」と言われると正直グッと詰まります(苦笑)。

が、最近露店で行われている白版を使った『デモ』を見ていると、こりゃ授業やな、と感じているこの頃。正直、塾の今後の突破口として「なんでや教室」(露天教室)もありかと思っているのですが…
でも、現実的にありうるとすれば、個別指導(悩み相談も含めて)やグループ学習(学年を超えたたて関係も含めて)の形態進化かもしれませんね。是非やって、みたいですね…

「塾」に限らず、需要が可能性収束するのは「人と認識が一体となった場」。子どもたちの人収束(共認収束)を大きく捉えると、「仲間充足」需要と「仲間不全」需要があるように思います。前者も後者も仲間欠乏を喚起しますが、どちらかといえば後者が個別需要を生み出しているでしょう。
仲間関係において、「仲間はずれにされない」という否定形の仲間圧力が働いているので、既存集団からの脱出欠乏上昇から「仲間不全」に陥っている場合もあり、必ずしも彼らが次代の弱者であるとは限らない。また、前者の流れもこれまでの「仲間圧力」に代わる共通の充足課題「みんな課題」を欠乏し始めているように感じます。だから、個別需要もみんな収束へと動き始める。
現在、塾に来ている生徒の共通課題が、「学校のテスト」「入試」というハードルであり、あるいは学習カリキュラムに対する「勉強」そのものとなっているようです。「勉強はみんなでやるというように…

その課題を通して、「教えあい、評価しあう」という共認関係が少しずつでき始めているようです。つまり、彼ら自身が期待し応合する当事者となって応合回路が開き始めている。

その意味で、「なんでや」さんを教育(育成)の場とした場合に、仲間と応合回路を開いて仲間集団を構築する、仲間関係の構築が現在の「なんでや」では少し足りないでしょうか。

ただ、問題は三輪さんも指摘される「現実の役に立つ認識」ということでしょうか。現在の塾に来ている彼らの現実とは既存の学校のことであり、既存の入試システムのこと。そのことは、彼らにとって確かな現実であり、私はそれを現実捨象してはいけないと思っていますし、多くの子どもたちの意識もまたそれが現実課題なのです。

じゃ、「次代を読んで」、果たして現実に役に立つ認識か、といったときに既存カリキュラムの多くは旧社会の産物であり、捨てるものが多くある。と同時に人間の知として学ぶべき多くのこともある。

じゃ、何を捨てて何を学ばせるかといった視点に立ったときに、それを規定するもの。それは現実の生産社会と次代の要請だと思います。だからこそ、教育の場が家庭や現実から隔離された学校や塾では課題(カリキュラム)を決めようにも決められない。教育の場は生産の(換言すれば生活の)場になければならない。特に発達段階にある子どもたちの本能回路から共認回路・観念回路を強く育成していくためには、自然外圧の強くかかる場が有効ではないかと思います。

その観点では「農という生産の場(生活の場)」にこそ、次代の塾の基盤が求められるだろうと考えています。もちろん、そこに「なんでや教室」が付設されれば鬼に金棒と思いますよ。
 
List
  この記事は 78363 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_78502
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
79974 自然が子供の育成に及ぼす影響って、何? 麻丘東出 04/10/28 PM09
79033 「学習」と「生産」 匿名希望 04/10/08 PM01
79030 本源集団再生可能性 ゲン 04/10/08 PM01
78976 同類圧力社会における農と教育 馬場真一 04/10/07 AM00
78862 まず、共認心理学の体得とその成功事例を積み上げましょう。 槇原賢二 04/10/05 PM01
78813 改めて現実と向き合う必要性 内山竜太郎 04/10/04 PM09
78689 『塾』の可能性 塩貝弘一郎 04/10/01 PM08
78684 共同体験の重要性 丸一浩 04/10/01 PM06
78610 現実の役に立つ教育が求められている 小松由布樹 04/09/30 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp