原始人類の婚姻様式と男女和合充足
77760 原始人類(後期)の全員婚
 
岡本誠 ( 51 兵庫 経営管理 ) 04/09/12 PM03 【印刷用へ
>強者選択の首雄集中婚(実際にセックスする)とチャネリングセックス(実際には交わらない)は、並行してたんじゃないのかな〜って思ってました。それなら、一番強い種を残しつつ、全員が性充足できるんじゃないかなって。(77709
>庇護意識(≒闘争意識)が強いオスがボスとして選ばれる。そして、ボスがチャネリングの中心になり、みんなで交歓していたのではないか。このとき他のオスも、その脇で能力に応じた役割を担い、性充足を得ていたと思う。(77730

まずチャネリング回路とは、観念原回路(=精霊信仰)を作った(つないだ)共認充足回路のように思われます。共認(解脱)収束と直立歩行訓練によって形成されたエンドルフィン・トランス回路と、女の極限的不全状況⇒依存⇒充足期待が相まって強力な快感機能=エンドルフィン・エクスタシー回路を発達させ、宇宙と一つに溶け合う感覚を獲得する。ここまで行って初めて恐ろしい自然に対して共認回路が作動し、100%肯定視できる対象=精霊を見たと思われます。

観念原回路(=精霊信仰)ができると、そこへ可能性収束するので、ますます共認回路(同化・応合)は強化され、いわゆるテレパシーや“気”と言われるものを感じるまで豊かなる。そして、男が何らかの性的な期待やイメージを発するだけで、女がその通りに反応して感じる、さらにある女の快感を別の女も同じように感じるチャネリングセックスが可能になる。

問題は、男たちが全員チャネリングだけではなく、肉体的接触があったかどうか。女たちの首雄収束力の強さと、男たちの集中婚規範(女を守ることと性は一体とする庇護規範)からすればチャネリングだけ、つまり首雄集中婚のままとなる。

しかし、極限時代の集団規模が30人程度とすると、そのうち半数は幼児や子供として、首雄は8〜9人の女の相手をしなければならなくなり、チャネリングが可能とはいえセックスなしは考えられないので、大変ではないだろうか(何より首雄は闘争課題を一身に背負っている)。それにチャネリングの延長上で肉体接触に及ぶ男がいてもおかしくはない。もしそうなったとしても首雄は許しただろうし、女も拒まなかったのではないだろうか。エクスタシーは自分も相手も境界がなくなり溶け合う世界であり、チャネリング⇒精霊信仰が最先端の可能性だったので、セックスを首雄に限定する規範もあまり意味を持たなくなったように思う。

従って、観念原回路を獲得して以降は、全員婚の可能性が高いのではないだろうか。そうなら採取時代の総偶婚はなんら不思議ではなくなり、次は交叉婚や勇士婚および遊牧部族の父系制への転換が問題となる。
 
List
  この記事は 77730 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_77760
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
日本婚姻史に学ぶ共同体のカタチ シリーズ2 A「溶け合う充足の先に見た精霊」 「共同体社会と人類婚姻史」 12/03/19 PM01
261567 【図解】精霊回路までにいたる極限時代 匿名希望 12/02/20 PM07
145858 観念が新しい婚姻形態を生み出した 谷崎俊文 07/02/25 PM11
144991 【図解】実現論 前史 チ.採取時代の婚姻様式 仲西大輔 07/02/15 PM01
131548 チャネリング回路獲得後の肉体セックスはボスの役割? 土山惣一郎 06/09/21 PM08
105328 人類が獲得してきた2段階の性収束 田野健 06/02/08 AM00
96366 可能性発=チャネリング回路が作動する 澤根和治 05/08/23 PM10
79724 アフリカバクツ族の男女関係〜集中婚と全員婚の並存 冨田彰男 04/10/23 AM00
78441 人類生存のカギは性充足にあった? 本田真吾 04/09/26 PM10
78253 若オス達の活力源は精霊との同化だったのでは 志水満 04/09/22 PM08
78120 これからの男女関係スタディ 原田昭雄 04/09/19 PM03
77824 最先端の可能性がチャネリング回路だったから全員婚 石川笑美 04/09/13 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp