新しい男女関係(→婚姻制)の模索
748 男の道、女の道
 
西知子 ( 26 京都 秘書 ) 01/03/03 AM02 【印刷用へ
>それを忘れてしまっている男に対し、女は不満を抱いているだけである。
>男が女に対して女の役割を論じるのではなく、男が男としてどうあるべきかを論じるべきなのではないだろうか。

確かに現代は、女より男の方が覇気もありません。
いい女よりはいい男の方が少ない(育ちにくい)社会状況でしょう。

では、女が太陽・菩薩を目指し男女の役割・性の追求を論じるように、男もそれについて論じていくことが必要なのでしょうか?

男が男足るには、闘争の場である集団を担い、その中で仲間や女を対象化することが必要になってきます。
しかし、「男としてどうあるべきか」を論ずる闘争の場=集団さえ、今の男の人にはありません。
そして、女が女としての充足を求めて男の自我=独占・囲い込みetcから脱出しようとしたのと同じ様に、男の人も、今まで剥奪されてきた“皆で闘争(生産)に向き合う場”を求め、自分個人の男としての役割確認にとどまらず、社会統合や集団再生に意識が向かうのも、ごく当然のようなことにも思えます。

一方で、男は(一面では)女を生きるエネルギー(存在の目的)としているにも拘らず頭では女や性を軽視したまま(「モノにする」「女にうつつを抜かすなんて」etc)、自ら進んで女の懐柔に嵌り、気が付けば男としての役割も忘れてしまっていたという致命的な過ちを犯しているという事実もあります。

であればやはり、その総括及び新たな男女関係への可能性収束は、男の人にとっても不可欠にはなってくるでしょう。

ただ私には、(少なくともここで)男の人が女についての役割を再確認しているのは、女にだけ役割を押し付けているのではなく、独占欲からしか女を見れなかった自分から、必死に普遍的なプラス視→肯定感へと転換しようとしているように見えます。

そしてそれは、自分を責める(=自我回路の存在を確認する)だけよりも相手を肯定する(=共認回路を発達させる)方が可能性転換しやすいという点でも、有効な方法ではあります。

可能性収束や性の領域に関しては女の方が一歩も二歩も先にいっており、滅亡の危機が迫り社会統合や集団再生の必要性が高まる今の段階において、性の領域(男女の役割)こそが滅亡回避の正道だと突きつけるのか、それとも全力で闘争課題に向かえるよう後押ししてゆくのか。
理論としては、もちろん「どちらも重要である」という答えにはなるでしょう。
ただ実践場面では、その都度、「どちらに比重を置く方が適切かor可能性が見えてくるか」という状況判断は、私もいつもけっこう迷う部分です。
そういった点では、掲示板は、普段男の人がなおざりにしがちな性の事を考えるいい機会=場なのかもしれません。
 
List
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_748
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
142859 「男」として、「女」として生きる。 三輪歩未 07/01/20 PM01
140486 男の本質 イマドキの男女事情!? 06/12/18 PM03
81018 2005年女共認を強化し、性を復活させる。 西田美和 04/11/18 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp