日本人の起源(縄文・弥生・大和)
73422 土偶に見る収束不全
 
田野健 HP ( 42 東京 監理 ) 04/06/13 AM01 【印刷用へ
採取時代は文字を持たない文化で考古学的史実は少なく唯一あるのがおびただしい数の土偶や土器の類です。土器はまだしも、土偶については考古学的に第2の道具と言われる様に何の為に作られ使われたのかは未だに推測の域を出ません。しかし明らかにあらゆる単位集団の精神的な象徴として作られた可能性が高く、家屋があれば土偶があるというくらい身近な存在だったようです。

採取時代に土偶や土器が大量に作られたのは一つには定住し食料が安定し男達に多くのひま時間ができた、という事で理解していました。確かに外圧が低下して食料を獲得する為の活動ははるかに減ったと思います。
しかし、土偶の役割は単なる暇つぶしの芸術というだけではない役割があったのではないかと想像します。
採取時代を通してこの土偶がどのように変遷していったかを見ることで一定その役割が見えてくるのではないでしょうか。

採取時代初期は土偶の数も少なく大きさも数センチの小さなものでした。
しかし中期には数も表現も複雑になり大きくもなりました。明らかに土偶への役割が増大した事を示します。(時期的にはちょうど三内丸山が栄え、衰退した頃と一致しているのではないかと思われます)
又、注目すべきは九州地方での土偶の変化です。弥生に突入する直前、BC1000年頃土偶が急激に増えています。土器もさまざまな複雑な表現が加えられます。その時代朝鮮半島から弥生人が入りだし併せて農業が始まった事と重なります。その後弥生時代を迎える九州地方は突然土器の様式が無紋という形に変化し土偶は完全に姿を消します。

この事は土偶や土器の表現が社会が変化したり衰退する直前に一時的に隆盛する事を物語っています。一つの仮説ですが土偶と採取時代の収束不全の度合いが連動しているのではないかと思うのです。土偶が増えたり、表現が多様になる時期は収束不全が高まり、必要以上に集団を統合するためにアミニズムを強化する必要があった。したがってそれを象徴する具体的なモノ(=象徴)の存在が必要になったのではないかと思います。土偶を作り、祭祀を頻繁に行い集団の統合を常に確認する必要があったのではないでしょうか。

そう考えると不全の中身とは集団を破壊するような新しい価値観の流入や突然の自然変化による短期的な外圧ではないかと推察されます。
しかし土偶をいくら作っても略奪集団との闘争には何の役にも立たなかったのは九州の事例からも明らかです。
採取時代の土偶作りも末期には収束不全発の目先収束だったのかもしれません。

 
List
  この記事は 72861 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_73422
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
縄文時代の「よくわからない石器」〜争いに触れてしまった縄文人の意識 「縄文と古代文明を探求しよう!」 06/12/08 PM00
82868 縄文人と土偶について 匿名希望 04/12/20 PM01
74455 土偶は縄文時代の媒体 田野健 04/07/05 AM00
74154 土偶の成り立ち ごろごろ 04/06/29 PM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、49年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp