子育てをどうする?
71585 同化に不可能視はいらない
 
西知子 ( 29 京都 秘書 ) 04/05/08 AM02 【印刷用へ
>自分(自己決定)発の理解を止め、観念の奥の対象(潜在思念)に同化・応合すること。それが、理論を吸収し尽くすと言うことであり、そうしてはじめて理論を使いこなす(応用する)ことが可能になるのだと思う。

子供とかを見てると、対象に対して肯定視(興味・関心を持ち)さえすれば、すぐに同化してしまう。人にも、動物にも、テレビにも。
大人になるにつれ、肯定視と同化の間に壁が出来てゆく。すごいと思っても、自分には無理と思って同化するのをやめてしまう。
結局、不可能視が根っこにあるんだなと思った。

でも、吸収=理解だったら、「自分にはまだ無理」とか「知識が足りない」とかすごく道のりは遠そうだけど、吸収=同化だったら、今すぐにでも出来る。
だって子供は、同化するときに「自分が」出来るかどうかなんて、きっと考えていない。そういう意味で、対象と自分との壁は全くない(というより、「自分」っていう意識が全くない)。

だから楽しそうで、吸収が早い!!
 
List
  この記事は 71463 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_71585
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
257857 相手への同化を妨げる「厄介視」⇒充足第一をどこまで肉体化できているか 小暮 勇午 11/10/20 PM00
新入社員の方にお勧め〜同化に不可能視はいらない〜 「毎日のありがとう☆.。.:*・゜」 10/04/13 PM10
125086 “吸収=同化”は無限の可能性 裏番長 06/07/06 PM10
111898 無知ゆえの行動力 福家菜穂子 06/05/06 PM09
105982 同化は、活力源の必須条件 小圷敏文 06/02/19 AM08
105964 子供が居なくなった社会が示す危機感と再生の可能性 田野健 06/02/18 PM11
頭で考えるのではなく現実(事実)を見る 「開放空間「THE ROTEN」」 05/04/25 PM06
89396 壁が小さくなる 匿名希望 05/04/23 PM02
87944 もう一つの不可能視からの脱出法 佐藤英幸 05/03/26 PM07
82513 「理解」するより「同化」、「説明」ではなく「同化」 新井重雄 04/12/13 PM10
75749 「がんばる」のではなく、同化して広がる。 森和美 04/08/02 PM10
72135 子どものようになって。 浦野てる代 04/05/18 PM01
71999 同化って、人間の成長過程においてもっとも基本的なことじゃないかな。 端野芳 04/05/15 AM11
71945 同化できることの充足体験 神家佳秀 04/05/14 PM01
71934 仲間と共に同化する。 マー 04/05/14 PM00
71924 「同化」思考によって初めて本能・共認・観念がつながる 前上英二 04/05/14 AM03
71789 無垢な幼児のように 太刀川省治 04/05/11 PM10
71769 肯定視すれば同化できる 匿名希望 04/05/11 PM07
71664 同化の壁 田中直人 04/05/09 PM10
71646 同化するにはその存在を認める必要がある 篠田悟 04/05/09 AM10
71625 どうしたら同化=不可能視の壁は越えられるか 大嶋洋一 04/05/08 PM11
71599 同化に同化 佐藤英幸 04/05/08 PM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp