恋愛って、何?結婚って、何?
67760 日本人はどのように恋愛観念を受容したのか?〜明治編A
 
山澤貴志 ( 38 鹿児島 ITコンサル ) 04/02/09 AM00 【印刷用へ
家規範派と一対婚派の対立の背景にあったものはひとつには支配階級における一夫多妻(一対規範の乱れ)があり、下級武士出身であった森、福沢の大奥批判=潜在的な反権力意識があったと思われる。しかし、彼ら下級武士階級出身の知識人はあたかも庶民の味方のような顔をしているが女は貞操たるべしという武士規範の前提を覆すことはなかった。その点で彼らも所詮支配階級の一部であったのであり、より深い意識としては集団婚を楽しみ私権意識からも家意識からも自由な庶民の側に立つことはなかったのである。

実際、夫婦同権=一対婚規範への転換か、家父長規範の継承か、という議論とは別に、農村における集団婚の土台をなす若者組への介入は進んでいった。貨幣経済の進展により貨幣獲得のために娘を村の外へ出す機会が増え、村内婚は困難になっていく。(あかとんぼにしろ雨降りお月さんにしろ戦前の嫁入りの歌が哀しげなのは実際、嫁ぐ嫁自身が気の進まない結婚が多かったからである。その点で福沢の金のためだけで同意なき結婚では夫婦和合は守れぬとの指摘は間違いではない)
こうした事態に対して若者組は娘を「かつぎだし」村外婚への抵抗を見せたが、明治政府はそれを「掠奪婚」として禁止、弾圧していった。集落における男女和合のメタファーであった男根をかたどった道祖神も門松も禁止され交遊の機会であった盆踊りも目の敵にされた。支配階級に長年蓄積されてきた「土着集団婚に対する嫉妬=コンプレックス」が土着風俗を否定し「貞操観念」を支配観念に押し立てていったのである。

このようにして開国の波の中、私権獲得のための嫁入りが一層進み、そのために家観念でいくか一対婚規範でいくかが議論される中、女子の貞操観念は(娘の商品価値を高めたい家父長にとっても都合がよかったので)正当化されてゆき、貞操=女の商品価値をないがしろにする集団婚は罪悪視されていく。そして明治民法が成立するころには、家規範の衣をきた父権による強制的な嫁入りは社会矛盾を拡大させていくばかりで、島崎藤村・志賀直哉らが「家制度」を問題とする文学作品を書くようになる。明治政府はギリギリのところで家規範を法制化させたが、農村が養蚕など貨幣経済に直結した生産様式に転換した頃から実態としてもはや家規範が有効に機能する状況になかったといえるのではないだろうか。(また職も家も失った士族が吹き溜まっていた都会でも同じような状況であっただろう。)

つまり家規範は武力支配時代の婚姻様式としては適応可能でも、市場経済下では役に立たないい、それでも統合するには一対観念しかないという婚姻制度の混乱状況が、大正デモクラシーと恋愛至上主義の道を開いていった。・・・明治とはまさに日本婚姻史上の最大の混乱の半世紀であったといえるだろう。

参考文献
消費される恋愛論(青弓社)by菅野聡美
家族 日本史小百科−近代−(東京堂出版) by天沼香
 
List
  この記事は 67759 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_67760
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
87153 婚姻史を知れば知るほど一対婚ってペテン。 西田美和 05/03/11 AM00
85708 新たな不全が新たな婚姻様式に可能性を見出す 田中健太郎 05/02/15 AM00
70665 夜這いの衰退過程〜性の商品化と性権力@ 山澤貴志 04/04/20 AM01
68737 集落における性的祭礼の実態 橋口健一 04/03/07 PM08
68668 恋愛結婚について(1) 槇原賢二 04/03/05 PM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp