生命原理・自然の摂理
6752 老化のメカニズム
 
蘆原健吾 ( 30代前半 神戸 広報 ) 01/07/25 AM02 【印刷用へ
不老不死は、始皇帝の昔から多くの権力者の究極の夢でした。しかし、生物が不老不死などになったら、常に変化しながら秩序を持って存在している種や生態系は、破綻してしまいます。個体の老化と死は、生態系のとっても、雌雄分化した種にとっても存在の必須条件です。

生物はどのように老化していくのでしょうか。

現象についても、様々なことが分かってきています。

日々、私たちの体細胞のDNAは、化学物質や紫外線などによって傷ついています。この傷の最大の原因は、細胞が呼吸をする時にでてくる活性酸素です。

この時、細胞の中では、活性酸素を取り除く防衛部隊の酵素や、DNAの傷を治す修復部隊の酵素などが、常時働いています。

しかし、次々に入る傷を完全に防ぐことはできません。こうして、DNAに少しずつ傷がたまっていくのです。

そこで登場するのが、監視部隊の酵素です。この酵素は、たまった傷がとても治しきれないと判断すると、破壊部隊の酵素を使って細胞を自殺させてしまうのです。これが、たびたび議論にものぼった「アポトーシス」ですね。

このようにして、細胞が死んで減っていくことで老化が起きます。しかし、一方で減った細胞の数を補うため、私たちの体は細胞分裂というしくみによって、常に新しい細胞を生み出しています。そうすることによって、例えば、傷付いて剥がれ落ちてしまった血管の内側や皮膚の細胞を補っています。

若いヒトの細胞は、活発に分裂します。ところが、年をとると分裂しにくくなり、ついには分裂しなくなります。

細胞を培養し続ける実験をしたレオナルド・ヘイフリック博士は、細胞にはある回数で分裂できなくなる限界があるという不思議な現象を発見しました。

「細胞には分裂回数を数えるしくみ、つまり、時計のようなものが隠されているんですよ。そして、その回数と生物の寿命とは大きく関係しているんです。寿命が3年ほどのネズミでは15回位、寿命が長くても120年の人間では60回位、そして、寿命が175年のガラパゴスゾウガメでは125回で分裂できなくなるんですよ。」

1990年、ある論文が発表されました。その論文には、細胞が分裂する度に、DNAのある部分が短くなることが書かれていました。それは、染色体の両端の部分です。

一本のDNAが折り畳まれてできている染色体。その先端をよくみると、TTAGGGという文字が繰り返し、およそ一万文字並んでいます。この部分をテロメアといいます。(テロメアがあるお陰で、染色体は他の染色体の端とくっつきにくくなっています。)

テロメアの長さを調べてみると、18回しか分裂していない細胞に比べ、65回分裂した細胞は数千文字近く短くなっていました。

なぜ、テロメア(哺乳類の TTAGGG 等)は、細胞が分裂すると短くなってしまうのでしょうか。

一つの細胞が二つに分かれるとき、一本のDNAも二分する必要があります。そのために、DNAの二重らせんが少しずつほどかれます。そして、その部分を酵素が複製していきます。酵素はDNAのほどけた部分に取りついて複製しては、前の酵素が複製した部分に継ぎ足していきます。しかし、DNAの端のテロメアでは、一番端にうまく取り付けるとは限らないので、複製できない部分が残り、その分、短くなってしまうのです。

テロメアが短くなりすぎると、染色体どうしがくっついて、細胞に異常が起きてしまいます。そこで細胞は、その前に分裂をやめるように仕組まれているのです。

テロメアは、時限爆弾のように、細胞分裂の度に短くなります。そして、ある回数で細胞が分裂をやめてしまうことで、老化が起きているというわけです。
 
List
  この記事は 6751 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_6752
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
166090 不老不死はありえない 関谷啓太郎 07/11/28 PM10
83612 みんな期待の応合が老化を遅延する 松本幸二 05/01/04 PM10
6909 なぜ老化するのか 鈴木隆史 01/07/27 AM01
6753 メメント モリ 蘆原健吾 01/07/25 AM02

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
前夜の意識状況1 答えがないので、課題捨象
前夜の意識状況2 課題を捨象して充足収束=充足基調
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
観念捨象の実践模索では足りない=観念を必要とする地平
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
思考次元1 潜在思念の実践思考
思考次元2 否定意識の倒錯思考
思考次元3 本能⇒共認⇒観念の超越思考(構造認識)
全てのネックは「答えを出せない」という一点にある
現代意識潮流と戦略ターゲット
必要意識⇒課題意識には、不全発と可能性発の二通りある!
不全発の『変革の必要』から、実現発の『認識の必要』への大転換
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
観念パラダイムの逆転5 現実、その下部意識と上部意識
観念パラダイムの逆転6 残る観念は、頭で塗り替えたら終い
観念パラダイムの逆転7 新しい認識だけが、現実を変えてゆく
新パラダイムの点検1 現実の壁を対象化できるか?
新パラダイムの効用1 現実否定の鎖を断ち切って、プラス活力の上昇へ
新パラダイムの点検2 可能性と不全(肯定か否定か)
新パラダイムの点検3 可能性or不全の源を対象化し続ける源泉
社会収束1 評価共認が生み出す同類圧力
社会収束2 私権圧力を超えた外向収束の潮流
新しい潮流8 現実を対象化するための概念装置
『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
実現の論理
実現論は、易しいけど難しい
行動方針4 まず身近な職場を改革してから、社会をどうするかを提示せよ
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
大衆には、運動を立ち上げる余力が無い→余力を与えられた悪徳エリートが支配する社会
金貸し勢力の弱点と自滅の構造
金貸しと悪徳エリートに止めを刺すのは?

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp