学者とマスコミはグルで頭脳支配
67133 年金制度は国家ぐるみのねずみ講では?
 
田中直人 ( 45 福井 経営管理 ) 04/01/22 PM07 【印刷用へ
>2000年の当時の厚生労働省編の資料によると、既に納付された保険料に対して支払いが約束されている給付債務は720兆円。
そのうち、財源的裏付け(積立金+国庫負担金)は、270兆円だから、差額分の450兆円の債務超過状態にある。
しかも、将来分でも、80兆円の債務超過額がある。過去と将来を合わせれば、530兆円になる。(66594)

>厚生年金も国民年金も、実は制度が創設された時には積み立て方式でした。
ところが、戦時中の1942年に制度ができた厚生年金(当初の名称は労働者年金保険)の場合、敗戦後の急速なインフレによって、積立金が大きく目減りしてしまいました。
一方、保険料率は48年に月収の3%と、国民の負担能力がまだ低いことを考慮して、低水準に抑えられました。
さらに、厚生年金も国民年金も、高度経済成長期に給付水準が急速に引き上げられました。
このため、加入者が自分で積み立てた分の保険料だけでは給付をまかない切れない状態になり、下の世代の保険料負担で年金給付をまかなう賦課方式の要素が、なし崩し的に強まったのです。[Yomiuri On Line (36)公的年金の財政方式<1>]

年金の債務超過は、国債残高と同様に重く国民にのしかかる問題です。
その原因が「なし崩し」では、誰も納得しないはずです。
素人が考えても、払った分より多くの給付が貰えるというのはねずみ講そのものだと思う。
見えてくるのは、いい面は誇張し、マイナス面はごまかし、人々を騙し続けるという詐欺の構造。
ウソは大きければ判らないとでも思っているのだろうか。

しかし、既に破綻しているという単純な事実さえ見えなくしているのは何故だろう?
よく考えてみれば、年金制度の元にあるのは人権→福祉という旧観念
だとすれば、この人権→福祉という旧観念そのものが、詐欺の構造をもっているということに他ならないと思う。

旧観念群は人々を思考停止に追いやるだけではない。
現実に、国家ぐるみのねずみ講を先導する、詐欺という犯罪を犯しているのだと思う。
 
List
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_67133
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
年金支給額の引き下げ 「自由への投資 〜収益バリュー投資で経済的自由をつかむ〜」 11/01/29 AM09
164174 最大の偽装は「年金制度」 匿名希望 07/10/26 PM05
「年金問題」の本質 「晴耕雨読」 07/07/26 PM02
「年金問題」の本質 「晴耕雨読」 07/06/28 AM00
122222 年金制度の理念は相互扶助? えびの尻尾 06/06/18 AM10
112718 給付水準が急速に引き上げられていったのは、なんで? 匿名希望 06/05/11 AM02
112696 中高生を対象に「年金教育」!? 鹿村幸代 06/05/10 PM10
年金って何? 「なんで屋@奈良」 06/05/08 PM10
年金って何? 「なんで屋@奈良」 06/05/08 PM10
「年金制度」どうする?(1) 「Financial Journal」 05/10/26 PM03
96763 ねんきん 匿名希望 05/09/03 PM01
93478 システム破綻をきっかけに 前山薫 05/06/27 PM10
93398 「年金が必要」というのは旧観念による洗脳 斎藤一浩 05/06/26 PM08
83091 税制に思う ごんべえ 04/12/24 PM00
70223 福祉の根幹にあるのは何? 上田英史 04/04/12 PM10
68217 自我を生み出す年金制度 マー 04/02/21 PM01
68006 『強制加入の年金制度』は、ねずみ講よりたちが悪い。 安西伸大 04/02/15 PM06
67559 専門家たる官僚の論理矛盾 浅野雅義 04/02/03 PM10
67499 ダマされてると気づかない、ことの恐ろしさ 藤岡聖子 04/02/01 PM10
67416 ねずみ講で非常事態宣言 ごんべえ 04/01/30 AM02
67229 福祉という名の私的利権の奪い合い 三澤超洋 04/01/25 PM11
67221 年金についての報道→マスコミの限界 浅野信夫 04/01/25 PM07
67185 「福祉」という観念に、社会を統合する資格はない。 田村正道 04/01/24 AM00
67180 悪質 谷光美紀 04/01/23 PM10
67163 年金制度に対する対応からも旧観念での統合の限界は明らか。 槇原賢二 04/01/23 PM01
67146 年金問題は制度の誤りを早く認める事が最初の一歩。 田野健 04/01/22 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp