脳回路と駆動物質
60828 充足から欠乏が生まれる
 
土山惣一郎 ( 45 山口 デザイナー ) 03/09/02 AM09 【印刷用へ
>みんなが充足しているから、自分も充足している場。・・・こう言うのを一度経験してしまうと、共認充足度に一切妥協できなくなって、更に更にとより高い共認充足を追い求めてしまいます。<(60636:岡田理恵さん)

 実感のこもった言葉だな〜とついつい感心してしまいました。それと同時に、こういう状態は人間はもちろん、生物すべてにあてはまるのではないかという気がしてきました。

 私たちは往々にして、まず欠乏感があって、それを埋め合わせようとエネルギーをかき立てて努力をし、その結果として充足を得るというイメージを思い浮かべがちです。しかし、よくよく考えてみると、欠乏(特に答え欠乏ような新しい欠乏)はどこから生じるのかという問いには、上記のイメージは何の回答も与えてくれません。

 事実は逆で、まず充足があって、その充足感を知ったが故に、それを追い求めるエネルギーとなる必要意識・課題意識≒欠乏が生まれるという構造になっているはずです。生物一般の本能進化も、おそらく、新しい欠乏が先に芽生えるのではなく、例えば新しい餌場やニッチを体験する中から、それまでは知らなかった充足(または可能性)が与えられ、その充足を手に入れるために新しい機能を獲得して適応していったというのが正解だと思います。
 
 ずいぶん前になりますが、四方さんが『必要意識⇒課題意識には、不全発と可能性発の二通りある! 』(19576)という投稿をされていますが、そこで語られている内容が、交流会という実践活動を通して徐々に実現されていく過程で、不全発と可能性発の優劣も鮮明になりつつあるという思いが、最近ますます強くなっています。

 『答え』となる認識を共認することで得られた充足が、ホンモノの『答え』を際限なく求める欠乏を生み出すという流れは、人類の認識進化という観点からも、ひとりひとりの能力上昇という観点からも、決して忘れてはならない重要な認識のひとつだと、最近あらためて感じています。
 
List
  この記事は 60636 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_60828
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
221166 充足イメージ(=成果イメージ)の共有が大切なのは何故か? くり 09/12/04 AM00
150915 なぜ親和欠損になると、共認回路が貧弱となり不安発の人格が形成されてしまうのか? 匿名希望 07/05/04 AM09
150656 共認回路とは充足回路 かなめんた 07/04/30 PM10
143190 充足を積んで、更に充足しよう☆ 吉岡由香里 07/01/24 PM05
102667 『人はなぜハマるのか』:ハマるとは渇望であって、充足とは関係ない? 蘆原健吾 05/12/15 PM10
61311 イヌは進化しているのか 吉国幹雄 03/09/11 PM02
61200 不全発と可能性発 山田太郎 03/09/09 PM10
61102 充足発の人は「私もやりたい」と思わせる お百姓さん 03/09/08 AM01
61088 実現経路が強化される過程 麻丘東出 03/09/07 PM07
61047 無理におもしろくさせる必要はない 大嶋洋一 03/09/06 PM09
61038 充足基調の課題共認が活力源 小圷敏文 03/09/06 PM02
61032 共認充足で 廣重圭一 03/09/06 AM03
61008 止むことのない「共認充足の流れ」 橋口健一 03/09/05 PM10
61002 可能性収束と充足の関係 藤岡聖子 03/09/05 PM08
60956 充足発 末吉孝子 03/09/04 PM00
60953 進化における充足・欠乏関係 吉国幹雄 03/09/04 AM11
60863 充足の追求 西知子 03/09/02 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp