農村を活性化させる為には?
5661 遺伝子組み替え食品の問題性 3
 
本田真吾 HP ( 44 香川 建築家 ) 01/06/28 AM02 【印刷用へ

では、もっと根本的な問題である『生きている状態』について検討してみます。生態系への影響です、モンサント社が開発した万能除草剤とも呼ばれて世界最大の売り上げを記録している強烈な除草剤『ラウンドアップ』に影響されない大豆、これが遺伝子組み替え作物です。この大豆は除草剤ラウンドアップの使用を前提として作付けされることになっており、除草剤の使用はいっそう多くなります。このことは土壌微生物やミミズなどを死滅させ、地下水や河川を汚染するなど自然の生態系や環境破壊を深刻なものにします。しかし、ここまでは他の化学物質のレベルとおなじです(害が少ないといってるのではありません)。

そしてこの『生きている状態』の遺伝子組み替え作物の一つのナタネが、周りの雑草と自然交配して、除草剤に強い雑草ができてしまいました。また、日照りに強い耐干性ナタネを開発したましたが、花粉が飛んでいって水辺に生息しているブラシカという雑草と交配し、干ばつ耐性がついたブラシカは湿地帯から水のない所に移動してしまい、生態系がすっかり変わってしまった、という遺伝子汚染の実例がうまれています。
 
これは、現状の被害度からすると農薬による直接の生物殺傷のほうが大きいのですが、農薬は日に日に希釈され害は少なくなっていきます。先ほどののべた、一般物質の『秩序(高濃度密集)』→『無秩序(低濃度分散)』というエントロピーの法則にしたがって。ところが、組み換え植物や微生物の場合、自己増殖を繰り返し、占有をどんどん広めていってしまうという、一般物質と逆の広がりを示します。

したがって、深刻な害をもたらす組み換え生物が一度野に放たれると、その被害は限りなく広がってしまう可能性が十分にあります。まして、組換え作物は、気の遠く程なるほどかけて自然のなかで適応してきた別系統の、生物の適応性の高い部分のみを集めて作った生物ですから、より適応度が高いのは当然です。

生物は環境に適応してきました、というよりも環境との相互作用の中で生かされてきたのだと思います。それも、きわめてゆっくりとした時間の中で。遺伝子組み替え作物は、生物進化の前提条件である環境との相互作用を無視し、進化の時間を無視した生命を、医薬品生産のような閉じた実験室ではなく、完全にひらかれた自然界に放つことになるのです。

作物そのものの有害.無害が今の科学では予測不十分である以上、新たな生命を自然界に送り出すことはきわめて危険なのではないかと思っています。コンビニ弁当そのものには害がない可能性高いけれども、それの消費量が高まると、その影で、有害かもしれない新たな生命の地上占有を促進することになるのではないかと思っています。
 
List
  この記事は 5660 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_5661
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
216708 遺伝子組換えが進めば、それはフランケンシュタインの怪物 匿名希望 09/10/08 AM00
216634 遺伝子組換え植物は、私達の周りの自然環境にしのびこみつつある。 匿名希望 09/10/07 AM00
人工物質が肉体を破壊していく その2 遺伝子組み替え食品の本質的な問題は何か? 「地球と気象・地震を考える」 09/10/05 PM01
大豆食品の「遺伝子組み換えでない」はどこまで信用できるのか? 「新しい「農」のかたち」 08/05/31 PM04
163181 目先収束は支配者の思惑にはまる 熊澤敬輔 07/10/10 PM06
遺伝子組換技術の原理 「地球と気象・地震を考える」 07/03/04 PM10
5756 「生きていない…」も難しい>本田さん 鈴木隆史 01/07/01 AM01
5677 予測不十分を知りながら実行してしまう技術開発者たち 藤岡聖子 01/06/28 PM02

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp