人類の起源と人類の拡散
5604 「五大文明(?)」
 
毛針田万作 ( 41 岐阜 ) 01/06/26 PM01 【印刷用へ
 縄文の文明についての投稿を楽しみにして拝見しています。5402の坂本さんがおっしゃっている…、

>彼らは、農業を知らないから農業をしないのではなくて、余暇を守るために農業を拒否したのだ。

→とアフリカのハドサ族の例を出しておられますが、このことは同じ「未開民族」であった、縄文人にも当てはまるのではないでしょうか。

 土偶や火焔土器などの、芸術作品とよんでも良いくらいの造形物、金属器のなかった時代の穴の空いた翡翠(三内丸山から出土しました。鳥の骨で空けたと推定されています。かなりの「余暇」がないと無理です。)…。

 確かに、縄文人の平均余命は14〜15歳位で、遺骨のほとんどが30歳台だったらしいですが、このことで縄文人は「不幸」だったと思われがちですが、「希望」もなく70〜80年も生きる現代人のほうが「不幸」だと思うのは私だけではないはずです。

 森本哲郎氏は、三内丸山遺跡は「四大文明」に肩を並べ、「五大文明」の一つに数えられる可能性がある、と述べておられます。

 以下少々長いですが、抜粋して投稿します。

>古代文明といえば、私たちは、まず、大河のほとりに生まれた「四大文明」を思い浮かべる。 ナイルが育てたエジプト文明、チグリス、ユーフラテスの岸に生まれたメソポタミア文明、インダス河畔に 栄えたインダス文明、そして黄河の流域に形成された中国文明である。

       (中略)
 
 だが、果たして、そうなのだろうか。こうした“常識”を、一挙にくつがえしたのが、昨年7月、青森市の 近郊で発見された、縄文時代の三内丸山遺跡だった。5500年前と推定されるこの巨大な集落は、村という 概念をはるかに超えて、都市といってもいいほどの規模と計画性を示しているのである。

 5500年前−

 ということは、紀元前3500年である。それを世界の「四大文明」と比べてみるといい。古代エジプトで第一 王朝が始まったのは前3000年ごろ、ギザの台地にクフ王の大ピラミッドが築かれたのは前2600年ごろ、 とされている。とすれば、三内丸山の縄文“都市”は、ピラミッドより1000年も前に出現していることになる。 「歴史はシュメールに始まる」といわれ、最古の文明と考えられているそのシュメールが、メソポタミアに初期王朝を開いたのは、 前2900年、三内丸山よりも600年もあとである。また、インダス河畔にモエンジョ・ダロ、ハラッパーなど の都市文明が興るのは、前2400年ごろ、なんと、三内丸山より1000年もたってから、なのである!

 さらに、黄河文明と比べてみよう。この大河の流域で竜山文化と呼ばれる中国文明の萌芽が見られるのは、 やはり、前2400年ごろ、すなわち三内丸山より1000年も遅れている。むろん、それ以前に華北で 仰韶文化が現れており、また長江(揚子江)下流の(注1)かぽと遺跡からは、稲作の遺構も確認 されている。が、これとて三内丸山と、ほぼ同時代なのである。

 (中略)

 まだ全体の8分の1しか発掘していないというのに、出土品はダンボール 4万箱に及んでいる。全域を掘ったら十数万箱にものぼる見通しだそうである。その出土品の見事さも さることながら、私が何より驚嘆したのは、直径なんと80センチの巨大なクリの木柱を何本も使用している、という その痕跡だった。80センチの柱を造るには、少なくとも直径1メートルの大木を伐採しなければならない。 そのような作業が、どのようにして可能だったのであろうか。

(中略) 

 だが、三内丸山に1500年にわたって住んだ縄文人は、同時代に、木材のなかでもきわめて堅いクリの 巨木を自在に使用しているのである!

 私はこの遺跡は、縄文時代の常識をくつがえすだけではなく、ひょっとすると、世界の文明史に一石を投じる のではないか、とさえ思っている。もしかすると「世界五大文明」になるのではあるまいか、と。むろん、 それは今後の調整を待つしかないが、沖館河という小河川のほとりにひろがるこの“交易都市”は、それほど 大きな期待を抱かせ、私たちを招いているのだ。
 
List
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_5604
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
5704 縄文都市論>小寺さん 三ヶ本万州夫 01/06/29 PM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
素人の社会活動19 素人と創造
素人の社会活動26 創造の資質
素人の社会活動27 実感投稿と現象発掘が会議室の生命
素人の社会活動28 現実を対象化する=思考する
素人の社会活動29 私権時代の歪んだ思考(主張・説得・議論)
素人の社会活動30 現実を対象化する思考=事実認識
素人の社会活動33 投稿様式の模索
素人の社会活動34 創造(=探求)のパラダイム転換
素人の社会活動35 素人こそ創造者(論点の整理)
素人の社会活動36 探求思考と説明思考⇒表出(会議と投稿)のパラダイム転換
素人の社会活動37 表出規範(or思考規範・表現規範)
共認革命6 チンケな運動(要求運動の終焉)
共認革命7 錯誤の根は、古い武力闘争のパラダイムにある
共認革命8 運動信仰を捨てて、共認革命を
共認革命9 強制共認と発信階級の犯罪
共認革命10 新しいまつりの場、それがネットであり、統合サイトである
共認革命11 皆が次々と投稿するだけで、まつりの引力が生み出される
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
「まず実践」の問題性
市民という言葉の欺瞞
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
旧観念と新しい概念装置の決定的違い
「旧観念無用」という認識が生み出す気付きの深さ
頭で理解しただけでは、新理論は使いこなせない
潜在思念発の大きな方向と大きな構成
外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
大衆には、運動を立ち上げる余力が無い→余力を与えられた悪徳エリートが支配する社会
金貸し勢力の弱点と自滅の構造
金貸しと悪徳エリートに止めを刺すのは?

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp