生命原理・自然の摂理
5481 免疫系に見られる認識、階層と構造について、その2
 
吉国幹雄 ( 48 鹿児島 講師 ) 01/06/21 PM11 【印刷用へ
私は過去5394で、T細胞の認識について以下のように述べました。

>T細胞は、直接的には「非自己」なる異物を発見し、それと反応することはできない。「非自己」には見向きもしない。「非自己」は「自己」の中に入り込み、「自己」を「非自己」化するらしい。<(5394)

T細胞の認識は同類(マクロファージ)が違うものに変わったこと(抗原提示)を認識して初めて排除の指令をだすわけですが、>その意味では、同類(仲間)認識が第一であるというのはまさに根源的な認識として免疫系においても塗り重ねられていると思います。<(5394)
 
しかし、考えてみればなんと悠長(冗長)な認識ではないでしょうか。私は再度三つの点を押さえておきたいと思います。
第一に、根源的な認識は、同類(仲間)を受け入れるための認識であるということ。正確には、それは集団(内部環境・場)への受け入れである点。

第二に、免疫の認識系においても塗り重ねられている点。自然免疫から獲得免疫への塗り重ねは、脳における脳幹(延髄・橋・視床下部・視床)から大脳(基低核・辺縁系・新皮質)への塗り重ねや、C系(アドレナリン作動系)・B系(セロトニン作動系)・A系(ノルアドレナリン作動系、ドーパミン作動系)という神経系の塗り重ねにも通じる点であると思います。だから、実現論で言うところの、本能・共認・観念機能における認識機能も塗り重なっていると考えるべきでしょう。さらに、それは免疫系でも神経系でも、アナログ的な認識からデジタル的な認識への移行と見ることもできます。

第三に、例えば各要素(細胞)における大風呂敷的で、まるで冗長的な認識と、上位階層である集団の高度な認識との相違点。要素における認識と集団における認識と置き換えてもよいかと思いますが…。

例えば、異物が集団(内部環境・場)に受け入れられる。直接的にはマクロファージであったり、T細胞であったり…。それは5473でも触れたように、敵と認識しての攻撃とはほど遠いものです。場合によっては、異物によってその細胞は死を迎える危険性(ひいては集団が死滅する危険性すらある)があるにも関わらずです。そして、要素の小さな動きとしてそれを排除するシグナルを出すと、そのシグナルは加速されて集団全体(集団としての認識)として排除に動きだします。抗体を作り特異的な動きが現れます。私は、これは次のように考えられるのではないかと思います。

なぜ、下部の要素において初めから特異的に排除しないのか。それは、集団(場)の生命体としての適応戦略の一つではないのかと思います。下部の階層において、さまざまなゆれ(ゆらぎ)を受け入れる(許容する)のは、集団が多様な変異可能性(活性)を孕むためではないでしょうか。もちろん、集団が破壊されるような揺れは制限されるでしょう。つまり、上の階層(場)の情報によって、それぞれの要素のゆらぎ(自由度、あるいは不安定性と捉えてもいいですが)は規定される(場の秩序つまり安定。場の絶対性)。しかし、逆にそのゆらぎゆえに上の階層の変わるうる可能性を持つ。つまり各要素に活性(不安定からくる揺動力)を持たせている。何らかの要因でそれが大きくなれば、場は一気に変わりうる可能性を持つ。ある意味ではこれが上の階層の持つゆらぎです。つまり免疫系のゆらぎです。生命体はそのようにして内部環境を絶えず変えていっている(つまり進化している)と思います。
 
List
  この記事は 5473 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_5481
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
90953 その「冗長性」が、保持する「普遍性」について 田中令三 05/05/17 PM11
90497 進化史が面白いと思った時 呉珍之 05/05/11 PM10
82114 免疫機能を考える 山名宏明 04/12/05 AM11
5529 要素の多様性と集団としての秩序 斎藤幸雄 01/06/23 AM02
5501 免疫系雑感>吉国さん 匿名希望 01/06/22 PM02

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp