企業を共同体化するには?
5134 バーチャル農業法人?
 
今井靖明 ( 29 長野 営業 ) 01/06/09 PM11 【印刷用へ
 
 これだけ価値観が流動化している時代、若者にいきなり「信念」を求めるのも、やや錯誤的かもしれません。他方、「自分発」の興味関心で生産組織の一翼を担わせるのも心許ない。口コミネットワークを志向するならなおさらで、消費者的発想からは一歩踏み出た、「強い絆」を目指したくなるものですね。

 学卒がメイン・ターゲットとのこと。応望心の旺盛な現代若者気質を捉えるなら、入り口は気軽でどんどん底無し沼に足を踏み入れていくような――言葉は悪いですが――シカケが、相応しいのではないかと感じます。

 そこで、「バーチャル農業法人」というのはいかがでしょうか(思い付きですが・・)。どういうことかと言いますと、体験農業を段階的に生産組織化し、人の繋がりから来る期待/応望の圧力で絡め捕ってしまう方式――またまた言葉が悪いですが――です。

1)ネット上に「バーチャル農業法人」を設立
 この農業法人の従業員の大多数は、いわゆる「日雇い」です。ホームページには作付け計画や販売−流通計画、これに基づく求人計画などが示されます。遊びではなく「本業」として、本格的な事業計画であることが要求されます。

2)参加側は(当面)「体験農業」
 参加側の事情に先立ち、生産側の事情で「いつ」「どの程度の難易度」の働き手が必要になるかが発信されます。会員は常にこの情報に注目していて、自分が働ける日にエントリーします。
 初心者は足手まといでもあるので「ボランティア」からスタート。経験を積むと少しずつ時給が出るようになります。あくまで生産側の要求が主体なので、平日でも継続的に募集します。その意味でも現役の学生をメインに募集し、これが「青田買い」に繋がります。
 会員の務めは、募集に穴をあけずに生産を継続することで、お互いにやりくりして埋めていきます(少なくとも理念としては)。

3)現場に出向くだけが参加ではない
 会員には(本来)農業生産の知識が期待されます。つまり、ネット上の議論で作付け計画等の妥当性を吟味します。自分たちで決めた計画だからこそ、自分たちの手で実行することが当然の責務となります。
 さらに、販路構築や仲間づくり(ネットワーク形成)も当然、事業計画の範疇となりますから、現地に出向くことができずとも、自分の身近な人に食べてもらったり、新たな仲間(生産者)を獲得してきたりすることも「仕事」です。ネット上では、これらの方法論も議論の対象となります。

4)先々
 組織が広がれば、分業体制(領域別専門部隊)や「暖簾分け」を検討していきます。これら全ての意思決定が、ネット上でクリアに行われます。

 以上、消費欲求(期待)より生産欲求(応望)の方が上回る、自発的意欲(期待)よりも役割上の必要(応望)の方が動機付けとして強い、という場の転換≒若者の意識潮流をイメージして考えて(空想して?)みました。

課題)立ち上げをどうするか
 これから考えます(すみません・・・・・・)。
 
 
List
  この記事は 4944 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_5134
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp