否定脳(旧観念)からの脱却
50941 近代思想は宗教と同根
 
北村浩司 ( 壮年 滋賀 広報 ) 03/03/04 AM00 【印刷用へ
旧観念の代表は古代宗教と近代思想です。この二つを多くの人は全くの別物と捉えておられる様ですが、西欧発の近代思想はそれ以前の支配思想であったキリスト教と、驚くほどよく似た思想構造です。

元々キリスト教は武力支配の時代に生まれたもので、苦の塊、かつ変革不可能な武力支配の現実に背を向け、頭の中だけを充足させる(苦痛を和らげる)ためだけに創られ、普及した観念です。(神や愛)

その現実否定性はものの見事に近代思想の諸概念にも継承されています。
「自由」も「平等」も「平和」もその根拠を示すような事実やそれ自身の実態的中味は実はありません。だからこそ抑圧や差別や戦争と言う「苦」の現実がある時代には、強い収束力を持ちましたが、「苦」が衰弱するにつれて忽ち収束力を失いました。つまり全て現実のアンチ、つまり「反」に基づいて頭の中に理想状態を描いた空想観念に過ぎません。

それだけではありません。例えば平等はキリスト教の「神の前の平等」を転用したものです。或いは「博愛」はキリスト教の「愛」を転用したものです。それらのことに象徴されるように、概念的にも二つの思想は同根で、要はその究極の根拠を「神」から「人間」(頭の中で作りあげた本来の人間的なるもの)に置き換えただけという事が出来るでしょう。

しかし、近代思想はこれらの理想とする「社会状態」を導く導きの糸として現在もなお君臨しています。おそらくそれは多くの人々が、宗教から始まった2千数百年の思考パラダイムである、現実の否定から出発し頭の中で理想状態を捏造するという思考の枠に、今なお引きずられているからだと思います。つまり理念(お題目)としてのこれらの観念は同じ理念を求める思考の枠組みの中でいくら考えても一見誤っているように思えないからでしょう。

>「旧観念無用」という否定型(≒不全発)から、「新観念の必要や展望」という肯定型(≒可能性発)に論を進めるためにも、避けては通れない道だと思います。(土山さん50892

この枠組みを打ち破るのが「根拠」や中味をトコトン問い詰めること。実現不可能性が刻印された時代の思考の枠組みを崩すには、まず改めてこれらの旧観念を頭の中の閉じた世界から現実世界に引きずり出し、その無効性を明らかにすることが不可欠だと私も思います。同時にそのことが新観念に必要な条件(事実の根拠と中味=対象の構造を解明したものであること)も明らかにしてくれるはずです。
 
List
  この記事は 50892 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_50941
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
218205 “活用”される近代思想 ・・・ 『平和』 火中の栗 09/10/27 AM00
抜け出す第一歩は「隷属の認識」 「晴耕雨読」 07/11/15 PM06
160918 宗教とマスコミの多弁性 佐藤英幸 07/09/10 AM03
138492 奪還すべき観念とは? 麻丘東出 06/11/26 PM00
118418 西洋発『平等』という言葉について 匿名希望 06/06/04 PM01
112036 個人主義思考の全面閉塞 佐藤祥司 06/05/08 AM06
105447 旧制度の改革ではなく思考の枠組みの転換へ 長谷暢二 06/02/09 PM11
105258 抑圧しているのは、近代思想の方 馬場真一 06/02/06 PM09
96980 宗教と近代思想の行方 匿名希望 05/09/07 PM09
96864 「反」では何にも実現することができない 石野潤 05/09/05 PM02
84844 価値観念として使われる「死」 竹村誠一 05/01/30 AM00
84318 宗教が近代思想をうみ出した? 石橋直樹 05/01/20 PM10
51744 宗教と同じ 山田真寛 03/03/17 AM01
51533 「不可能視」から「実現可能性」へ 松尾茂実 03/03/13 AM00
51267 旧観念を現実の世界に引きずり出す 本田真吾 03/03/08 AM00
51016 不全感をもたらし、現実を捨象させる麻薬ー近代思想 新井秉永 03/03/05 PM00
50970 現実からは逃げたくありません 明けの明星 03/03/04 PM09
50965 「自分」という観念こそ、旧観念無用の中心ターゲット 冨田彰男 03/03/04 PM04
50960 観念の倒錯からの脱却 大木康子 03/03/04 PM02
50955 「市場」に抑圧されている現代 マー 03/03/04 PM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp