本能⇒共認機能⇒観念機能
5092 オシリスとアテネとヤーヴェとロキと
 
中村朋子 ( 54 大阪 教育 ) 01/06/08 PM01 【印刷用へ
3796 北村さんへ
 精霊「信仰」の段階と人格神の段階の様相が異なるという御指摘は、正鵠を射たものと存じます。
 
 5020で述べましたが、精霊認識の段階を経ることによって、人間は生存を保ち、より生存を確実なものとすることができました。すなわち、そのcircumstanceへの畏怖の念を共有することによって
集団が、単なる「群れ」でなく、共に活動し、闘い、或いは慰撫し合う「仲間」となり、外圧に取り組んでいけたのです。

 その取り組みの中で、新しい生存の資獲得の方法が発見されるー偶然であれ思考の結果であれー、それがその集団の中で広がり、ついで「文化」として伝承されていく(幸島のサルの「芋洗い文化」については、夙に挙げられるところですが)。
 
 そして積極的にcircumstanceー自然に適応してゆく、「サル学」の河合雅雄氏の言葉を借りれば
「狩猟採集文化も、文化である限り、人類が発明した悪の根源たらざるを得ないが、そこでは少なくとも、自然に適応することが生存の第一条件であった。狩猟という生活文化は、肉食獣としての生活の場(ニッチェ)の獲得であり、採集生活は草食獣としての生活の場の獲得である。牙を持たない人類は牙を持たないゆえに、その生活の中で武器という悪の根源の一つである道具を発明したけれど、まだまだ
自然と密着して生きていたのである。」

 その自然はまだまだ畏怖すべきものではあるが、積極的に適応してゆくことで恵みを与えてくれる存在であると認識されてくる。畏怖から畏敬へと認識が移ってゆく。働きかければよいー恐ろしいものはなだめればよい、恵みを与えてくれるものには感謝の意を表し、礼をすればよい、そこから祭祀、まじないが生まれる。それはまだアニミズムの段階を脱しきってはいないが、集団としての生産の一側面として明確に意識されていたという点で、進んだ段階といえるのではないでしょうか。

 その「生産」の在り方の、地域による相異が「人格神」の有無、或いは形態の相異をもたらしたかと
思われます。つまり、集団としての「生産」の在り方に適した意識統合が各時点・各地域で行われた、それは生きる上で有用且つ必要なことであったと。
 
 狩猟採集の時代は、精霊認識から人格神認識への移行期と捉えられるのではないでしょうか。勿論精霊認識が完全に人格神認識に取って代わられるということは考えられませんが。

 どういう社会だったからこういう人格神が成立したのかという論議と同時にこういう人格神が成立したのはどういう社会だったからかを考えることもできるわけです。

 正確な分類ではないかもしれませんが、5020で挙げた人格神の諸類型を一つずつ具体的な事例について検証して参りたいとも思っています。
 
List
  この記事は 3796 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_5092
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
5475 精霊信仰の再生 橋口健一 01/06/21 PM11
5230 精霊から人格神A>中村さん 野田雄二 01/06/13 PM10
5172 精霊から人格神>中村さん 野田雄二 01/06/11 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp