農村を活性化させる為には?
5001 コンセプトは、『私、気付いたら就農してたみたいです♪』かな?
 
西知子 ( 26 京都 秘書 ) 01/06/06 AM01 【印刷用へ
タイトルでも分かるように、長谷さんの4993「対象は信念派」とは見解が異なります。私の場合、一言でいって「対象は趣味派」です。

>A農を素材とした体験学習でどのようなプログラムを企画していくのか

最近、ビーズアクセサリーが流行っているそうです。
これは、「手軽に創れる」「創意工夫が出来る」という趣味的愉しみから始まります。
そこから非常にスムーズに、「だから誰でも生産者になれる」「だから色んな商品を提供できる」へつながり、そして、それが評価されてみんな(=お客さん)も喜んでくれるからやめられない、と嵌ってゆく人が多いそうです。

ところで今、農に対する興味や自然志向が強くなってきています。
けれどそれに対して、農業で大変な苦労をしてきた人たちは、「何だかミーハー的なんだよなぁ・・」「甘いんだよなぁ・・」と、どこかで否定しているような気もします。

でも、農に限らず、「一大事業を起こすぞ!」と意気込んで決死の覚悟で臨む人よりも、愉しんで取り組む人の方が、成功して幸せそうに働いて暮らしていると思いません?(先のビーズアクセサリーしかり、喫茶店経営しかり)

まず作業している当人が充足できる。
楽しみながら上達できる。上達した分だけ評価される=収入になる。
誰でも出来るからこそ夫々の持ち味を活かして多様で複雑な需要に対応できる。
商品それ自体の価値より生産者の想いやお互いの信頼関係が決定的に重要になる。
専業でないからこそ色んなアイデアに純粋に挑戦できる。

農業は、そんな条件に実はすごく適している分野だと思うのです。

>現在、野外活動、環境教育の指導経験をもつ若者に農を素材にした体験学習事業を担っていってもらいたいと考えています。そして、平成14年度オープンに先んじて、今年度は1〜2ヶ月に1回のペースでプログラムを実施し、試行錯誤をしているところです。これまで、田植え体験、ファームステイを行い、今後は農業については草刈、稲刈りなどを行いつつ、上中町のお宝を探しあて、町内の人とのワーキングネット、町外の口コミネットワークをつくっていくことを目指しています。
>しかし、全国同様の展開を行なっているところはたくさんあります。そこで、それらと差別化するために何をコンセプトとして誰をターゲットに体験学習プログラムを展開していくのか…という点は今後煮詰めていかなければなりません。

なので、「学習の為の企画」「体験の為の企画」じゃなく、「農の“楽しさ”は自己満足だけじゃないよ」って、「趣味の農が“人に喜んでもらえる”生産にもなるんだよ」って、そういうのを促すような視点での企画はどうでしょうか?
そしたら、「なら、もうちょっと頑張っちゃおっかな」って、素直に熱中しちゃったりする。楽しさや活力や可能性収束なんて、単純なもんですよね、きっと♪
(具体的には、単発であれば、共同物産展とか特産物料理教室とか・・・?すいません、この辺はまだ真剣に考えてません。次回・・・)

PS.あっ、それと、今「るいネットの改良と成長」会議室でも、運動やネットワークに関する議論してるんですけど、そっちのもけっこう参考になって面白いので、良かったら読んで見て下さい。実は私も、それを考えていて前上さんの現実の事業活動に興味もったのがきっかけなので、けっこう共通する部分があるんじゃないかなと思ってます。
 
List
  この記事は 4944 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_5001
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
236741 新しい農のかたち〜露店で出会った若者の事例♪ 宮崎未帆 10/08/25 AM00
211833 自然の中で生きる生き方 馬場真一 09/07/30 PM03
211765 食べたいものを作るが、充足のもと 北川和秀 09/07/29 PM03
新しい「農」の現場から〜冬の農園 「新しい「農」のかたち」 07/01/12 PM08
131279 WWOOFの活動 小松由布樹 06/09/18 PM09
114796 充足できる仕事とは 明けの明星 06/05/19 PM11
101863 リサイクルはダサい!! 匿名希望 05/12/02 PM04
101574 『私、気付いたら認識形成してたみたいです♪』が、現実の中にも答えを持った実現派が存在する理由 佐藤英幸 05/11/28 PM04
101127 収束不全の今、新概念に同化する事が突破口 松本幸二 05/11/20 AM11
100022 活力再生事業を成功させるために 安西伸大 05/10/29 PM11
97651 可能性を提示できなければ淘汰されるのみ 門奈津子 05/09/21 AM09
95401 趣味から始まる活力再生 樫村志穂美 05/07/31 PM08
94774 活力再生事業の成果を決めるのは? 森政子 05/07/19 AM02
93499 活力が上がるということは可能性があるということ。 あいうえお 05/06/28 PM01
93462 『私、気付いたら起業してたみたいです♪』 田原康夫 05/06/27 PM06
91991 感謝と謝罪のトレーニングの事業化 ゲン 05/06/03 PM02
91877 大事なのは参加者が(生産)課題を担うということ 匿名希望 05/06/01 PM11
91487 あなたの食べるお米を作ります 北川和秀 05/05/26 PM08
90989 農業事業は医療事業になるのでは? 山田太郎 05/05/18 PM09
90140 充足発の活力再生事業 立石裕美 05/05/06 PM08
88355 農業事例 〜おじいちゃん・おばあちゃんの活力UP〜 塩貝弘一郎 05/04/04 PM07
88337 単なる労働者から供給者への一例 山上勝義 05/04/03 PM11
87691 数学も 匿名希望 05/03/21 PM00
87188 活力が充満した新認識を発信してこそ、相手の活力再生につながる。 原田昭雄 05/03/11 PM08
87119 農業志望の学生の二分化!? 山田純子 05/03/10 PM08
86827 まず当人が充足すること。 吉岡由香里 05/03/05 PM09
86792 新しい試みを阻むもの 多田奨 05/03/05 AM02
85534 農産物品評会 浦野てる代 05/02/11 PM02
85528 学校での活力再生 足立晴彦 05/02/11 PM01
85135 知人のキィウイフルーツ栽培 匿名希望 05/02/04 PM02
84885 活力再生の場としての農業 芝田琢也 05/01/30 PM08
84564 「信念」から活力は生まれない 菅原正輝 05/01/25 AM00
84493 農業を共認を軸に捉えれば 三澤超洋 05/01/23 PM08
84306 農業のような活力の出る仕事を供給すること自体が重要な仕事になり得る 東努 05/01/20 PM07
84304 趣味派に可能性を感じるのは脱私権的だから 野田雄二 05/01/20 PM07
82430 “活力再生事業”に関わっています。。。【その2】 大森義也 04/12/12 AM02
82422 “活力再生事業”に関わっています。。。【その1】 大森義也 04/12/12 AM01
82330 需要と需要を結びつける(NWを供給する)。 農業編 佐々木健二 04/12/10 PM01
81390 現実世界が『苦』の世界であるというウソ 山上勝義 04/11/23 PM00
5159 趣味派の可能性 小松由布樹 01/06/11 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp