生命原理・自然の摂理
4835 原始生物の適応(1)代謝系の進化と循環系
 
石野潤 HP ( 46 大阪 教務開発 ) 01/06/01 PM02 【印刷用へ
現在、生物といえば酸素生物を指すように、酸素による呼吸が当たり前のようにおもわれる。しかし、現在でも深海底では硫化水素を使ってエネルギーを得ている生物がいるし、ある種のバクテリアは無酸素状態にすると硝酸を使っての呼吸に切り替える。硫酸やメタンなども含めて、原始生命は、現在から見れば猛毒と思われるような物質を使ってエネルギーを生産していたと考えられる。

現存する生物への進化を考える上で、酸素で生き始めた日というのは一つの結節点となっている。硫化水素を用いる生物の中から、細菌性葉緑素を持ち光合成する硫黄バクテリアが生まれ、その中からシアノバクテリアが登場する。シアノバクテリアが吐き出す酸素は生物にとって猛毒である。

代謝系の進化を考えると、新しい種の出現とは、そのまま他の生物にとっての環境の変化を意味し、新たな適応課題の登場を意味する。硫黄細菌にとって、酸素は空気中の窒素の固定を妨げ、細菌性葉緑素の生成を阻害する。

この環境の変化に果敢に対応して、猛毒な酸素の再利用の道を開いくブデロビブリなどの好気性バクテリアが登場する。このひたすら生き延びるための適応が、酸素呼吸による大きなエネルギーを取り出すことを可能にし、その運動能力を格段に上昇させる。

また、酸素呼吸による老廃物の二酸化炭素が、シアノバクテリアの光合成の材料として、エネルギー循環の中にもどすという成果をもたらしている。硫黄細菌の老廃物の硫黄も、酸素と結びついて硫酸となり、硫酸還元細菌のエネルギー源となって循環する。

新しい種の出現による代謝形の変化とは、生物にとっての新しい環境への適応課題となり、その適応とは、新たな代謝機能の獲得であるとともに、新しい物質の循環系を構築することを意味する。少なくとも循環系を構築するに至らなかった生物は生き残れない。

余談ながら、人類は近代科学によって、新たなエネルギー源を獲得し他の生物の何十倍ものエネルギーを消費しているが、果たして新しい循環系を構築できたといえるであろうか。現在の環境問題が暗示しているのは、生態系を構築できなければ絶滅するということである。
 
List
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_4835
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
165264 循環系を破壊する快美欠乏 長谷暢二 07/11/14 PM07
165234 循環系も変化してゆく 馬場真一 07/11/14 PM00
154979 生物の進化は、種の保存のベクトル上にある 小松由布樹 07/06/22 PM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp