生命原理・自然の摂理
4835 原始生物の適応(1)代謝系の進化と循環系
 
石野潤 HP ( 46 大阪 教務開発 ) 01/06/01 PM02 【印刷用へ
現在、生物といえば酸素生物を指すように、酸素による呼吸が当たり前のようにおもわれる。しかし、現在でも深海底では硫化水素を使ってエネルギーを得ている生物がいるし、ある種のバクテリアは無酸素状態にすると硝酸を使っての呼吸に切り替える。硫酸やメタンなども含めて、原始生命は、現在から見れば猛毒と思われるような物質を使ってエネルギーを生産していたと考えられる。

現存する生物への進化を考える上で、酸素で生き始めた日というのは一つの結節点となっている。硫化水素を用いる生物の中から、細菌性葉緑素を持ち光合成する硫黄バクテリアが生まれ、その中からシアノバクテリアが登場する。シアノバクテリアが吐き出す酸素は生物にとって猛毒である。

代謝系の進化を考えると、新しい種の出現とは、そのまま他の生物にとっての環境の変化を意味し、新たな適応課題の登場を意味する。硫黄細菌にとって、酸素は空気中の窒素の固定を妨げ、細菌性葉緑素の生成を阻害する。

この環境の変化に果敢に対応して、猛毒な酸素の再利用の道を開いくブデロビブリなどの好気性バクテリアが登場する。このひたすら生き延びるための適応が、酸素呼吸による大きなエネルギーを取り出すことを可能にし、その運動能力を格段に上昇させる。

また、酸素呼吸による老廃物の二酸化炭素が、シアノバクテリアの光合成の材料として、エネルギー循環の中にもどすという成果をもたらしている。硫黄細菌の老廃物の硫黄も、酸素と結びついて硫酸となり、硫酸還元細菌のエネルギー源となって循環する。

新しい種の出現による代謝形の変化とは、生物にとっての新しい環境への適応課題となり、その適応とは、新たな代謝機能の獲得であるとともに、新しい物質の循環系を構築することを意味する。少なくとも循環系を構築するに至らなかった生物は生き残れない。

余談ながら、人類は近代科学によって、新たなエネルギー源を獲得し他の生物の何十倍ものエネルギーを消費しているが、果たして新しい循環系を構築できたといえるであろうか。現在の環境問題が暗示しているのは、生態系を構築できなければ絶滅するということである。
 
List
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_4835
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
165264 循環系を破壊する快美欠乏 長谷暢二 07/11/14 PM07
165234 循環系も変化してゆく 馬場真一 07/11/14 PM00
154979 生物の進化は、種の保存のベクトル上にある 小松由布樹 07/06/22 PM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
『生命と場所』より…生命観
遺伝子の共同体
「利己的な遺伝子」を切開する 1
「利己的な遺伝子」を切開する 2
現状の「科学的事実」と言われているものの怪しさ
現在の生物学には何が欠けているのか
怪しげな「検証」と、危なげな「定説」
事実の体系とは永遠に進化しつづけるもの
一面的な実験データやツールとしての定説に囚われていては事実を見誤る
事実追求のスタンス
専門家集団と事実
科学と社会
「科学的事実」というドグマ
近代科学と知の体系、再考
近代科学について
実証主義を超えて2
専門家集団の自己完結性にひきつけて2・・「丸山ワクチン問題」
原爆をつくった星少年たち 2・・「科学者独自の倫理」
科学者集団の特徴A
数量化できない自然
仏教の対象認識 【受想行織】
詭弁を説明しようとするから難解になってゆく
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(2) 学習観念が役に立たないのはなぜか?
狂気の近代科学技術
原発:近代科学原理主義者たちの産物
なんで、こんなことになってしまったのか?⇒科学者たちの信じられないアホさ加減
素人が創る科学の世界〜プロローグ『科学的認識はすべて仮説、その神格化が創造の壁』
『科学はどこで道を誤ったのか?』(1)プロローグ〜「科学技術は万能」という幻想を打ち砕いた福島原発災害〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(2)古代オリエントの時代〜全てが共認対象として一体であった精霊信仰から精神を上位とし物質を下位とする二元論へ
『科学はどこで道を誤ったのか?』(5)ルネサンス(14〜16c)〜自然魔術による自然支配観念の萌芽と、「科学」「技術」統合への流れ
『科学はどこで道を誤ったのか?』(7)近代の前夜〜「科学技術による自然の征服」という思想の登場〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(9)近代U〜国家体制に組み込まれ、専門化体制の中で無能化した学者〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(10)〜“科学技術の申し子”が起こした惨劇
『科学はどこで道を誤ったのか?』(11)〜“観念の絶対視”が近代科学技術の根本問題〜
科学はどこで道を誤ったのか?』(13)中世後期〜キリスト教の権威付けのための大学の創設により、神の手先の「神官」から「学者」が登場する〜
楢崎皐月氏のカタカムナ説(1) 宇宙から素粒子に至るまで、万象は共通構造(相似象)を示す

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp