否定脳(旧観念)からの脱却
472 「自由」と「束縛」について
 
斎藤裕一 ( 37 東京 建築家 ) 01/02/25 AM00 【印刷用へ
私は81番で「何故、人は自由を必要としたのか」という提起を行いましたが、これについて「束縛」との関係から説明されようとしている方々が居られるようです。しかしながらこのような論理的手法は、当然の事ながら、束縛というものの存在がその根拠となり、必要不可欠なものとなります。では、束縛は何故登場するのかと言うことが次なる論理的課題として、さらには、束縛というものが実在するのか、そのような現象を何故束縛として認識するのかというようなことが検討される必要があるでしょう。

多くの方が言われる束縛というものは、以下の種類に分けられるようです。

@集団を形成する上で個人に強いる抑制というもの(いわゆる集団規範という束縛)。
A自由こそが束縛であるというもの(人々が、自由に付随する責任を全うすることを避けるために隷属を選択し束縛に甘んじるか、もしくは自由を選択することで責任という束縛を受けるという2者の選択しか、結局は与えられていないとするもの)
B「自分と異なる他者」と共存するための暗黙のルール(個人主義的社会の規範)

果たしてこれらは何故束縛として意識されるのでしょうか。

結論から言ってしまえば、これらはむしろ、「個人の自由」を正当化するために使用される事に意味があり、従って、束縛の認識は、個人的自由への欠乏によるものということになるでしょう。

上の例に見られるとおり「束縛」は、「個人の自由」からすれば必ず対立する位置に置かれます。この様な対立的概念による説明は、一見もっともらしくはありますが、結局は元々の問題に関する予定調和的トリックに陥ることとなります。この論理の本質は、「個人の自由」を自由と束縛という概念要素に分解し、それぞれが互いにその必然性を説明しあうという不可思議なものとして、実は「束縛」によって「自由」を「個人の自由」に矮小化しつつ、むしろ後者をこそ、正当化しようとするものです。

この問題は、純粋に「自由」を巡る問題に見せかけながら、これを論じる人々にして常に「個人の自由」が考慮されるよう仕組まれています(なお、蛇足ではありますが、このように「自由」を捉えようとすれば、当然の帰結として限界が生じ、そのような意味で、「自由」に対する諦観をもその意味するところとなるでしょう)。

私は前回の投稿でも触れましたとおり、共認や観念が健全に作動する限りにおいて人は自由であると思います。これは、単純に状態として認識することが可能ですが、こと、「個人の自由」と言うことになると、上記のように怪しくなるのも事実でしょう。結局、問題は「自由」ではなく、「個人」(というより個人主義的価値観やその社会)というものになるのではないでしょうか(なおこの問題は、いきなり個人という存在そのものを否定するものではありません。本質的問題は近代個人主義という「観念」であり、これにより正当化される私権社会というものです)。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_472
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
233453 自由は最大の束縛である、について いっちー 10/06/19 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp