恋愛って、何?結婚って、何?
471 自我が邪魔をして心を開けないセックス
 
西知子 ( 26 京都 秘書 ) 01/02/25 AM00 【印刷用へ
自我を孕んで心を開けないセックスの内容と弊害が分かり難かったのでもう少し説明して頂きたいです。


端的には「心を開けない」=「イケない」ということです。

「心を開く=イク」のは「自分を出す」ことではなく「自分を無くす」ことです。
自己と対象(相手)の境界を取り払って融合してはじめて、世界=中身が拡がります。(“自分”にしがみつけばつくほど、中身が無くなってゆくのはその為です。)

そこでは、不安や警戒心は邪魔になります。
不安は自我を生み、自我は己を守ろう(正当化しよう)とし、己を守ろうとする自我は警戒心(他者否定)を生み出します。
セックスは、プラスの心と心の交感です。それは抽象的な話ではなく、本当に、期待=応望と肯定視の心の交感が出来れば、一切の肉体的接触も無く「イク」ことができます。
けれど、何であれマイナス感情があれば、充足(快感)度は著しく低下します。
例えば日常的な人間関係でも、不安や警戒心が強い時は、頭で計算したり何らかの方法論にすがったりしますよね。その状態ではとても心から愉しめてはいないハズです。
しかも、「愉しむ」というのは「私は愉しんでいるんだ」と思い込む事でその気になることも可能ですが、感覚についてはそうはいきません。
更にセックスの場合は、表面だけでなく日常には顕在化しない奥の意識(無自覚の不安や否定)まで影響しています。

心を開けないセックスとは、ギクシャクした人間関係の凝縮です。
しかも、どんなに「これでいいんだ」と思い込もうとしても身体は正直で、「これではだめなんだ」ということを突きつけられるから、辛いんでしょう。
一番誤魔化しのきかない領域だからこそ、いっそのこと性自体を軽視したり嫌悪したりして、自己を正当化しようとするのではないでしょうか。
 
 
List
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_471
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
明るい未来のために(11)‥‥人類の脳のOSのバージョンアップとは!? 「明るい未来のためにやらなければいけない、たった一つのこと」 11/12/14 PM00
最近起こった超☆充足体験♪ 「女の職場話」 10/11/27 AM01
自分って意外とあったんだ 「女の職場話」 10/11/05 AM00
言葉でもなく・・・目でもなく・・・○○○で会話☆〜実践編(*^^*) 「女の職場話」 10/08/07 AM01
212821 セックスの持つ本源性 松岡隆 09/08/13 PM09
女性の性感帯は、おどろくほど男性の心を見透かす 「女の職場話」 08/06/21 PM07
168871 内観 ssss 08/01/12 AM05
SEXのことナゾ1 ミミズさんの・・。 「いわいわブレーク」 07/12/15 AM00
163883 宇宙を感じられない人たち。 松村優 07/10/20 PM11
149605 オーガスムってこんな感じ。 イマドキの男女事情!? 07/04/17 PM10
オーガズムを感じたい(o゜▽゜)o?〜執着心とは?? 「イマドキの男女事情!?」 07/02/22 PM10
「イク」ってなに?? 「イマドキの男女事情!?」 06/11/22 PM00
134613 人は? 小林 直樹 06/10/17 PM11
134142 100%自分を明け渡したら、交じりあえる♪ イマドキの男女事情!? 06/10/13 PM09
イマドキの30代♀事情☆ 「イマドキの男女事情!?」 06/10/12 PM10
133337 心を開いて欲情している女 って ?! イマドキの男女事情!? 06/10/06 PM07
114481 肉体的接触もない「イク」という状態は、どんな感じ? ヨネ 06/05/18 PM09
114435 セックスも、期待と応合のやりとりの繰り返し いちごみるく 06/05/18 PM08
セックスは、日常の充足度を計るバロメーター 「いつもここから☆」 05/12/19 PM10
102785 セックスは日常を映す 西村秀彦 05/12/18 AM01
100272 セックスと日常の共認充足 三輪歩未 05/11/03 PM01
セックスで「イク」って?? 「イマドキの男女事情!?」 05/10/17 AM01
95251 幸せな相手をずっと見ていたい。 走馬灯 05/07/28 PM10
『心を開く』は双方向 「開放空間「THE ROTEN」」 05/06/15 PM09
91137 悩むのは、充足=活力源の構造が掴めていないから 大嶋洋一 05/05/20 PM11
尽くしているのに離れていってしまうのは、何で? 「なんで屋<男塾>梅田」 05/02/09 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp