人類の起源と人類の拡散
46839 「考える」ことは新たなタンパク質の合成を生んでいる
 
佐藤祥司 ( 40 北海道 建築士 ) 03/01/01 AM07 【印刷用へ
>脳回路は恐らく視床下部or大脳辺縁系と当該神経回路の2段階構造によっては形成されているのではないか、という仮説が成立します。 (46507)

これについて、ニュートンプレス発行の『脳と感覚のしくみ』にかかれてある以下の内容と関連するのではないかと思うのでご紹介します。

>哺乳類では海馬が記憶の形成に重要な働きをしている。海馬においてシナプス前ニューロンに高頻度の刺激を与えると、数週間にわたってシナプス伝達効率が増大するという現象がみられる。これを「長期増強(LTP)」という。これがまさしく、記憶の基本的なメカニズムであると考えられている。

>長期増強は神経伝達物質の「グルタミン酸」がNMDA(N-メチル-D-アスパラギン酸)受容体に結合することによっておこる。外液から細胞内に流入するカルシウムイオンによって、CaMKU(カルモジュリン依存性タンパク質キナーゼU)などのタンパク質リン酸化酵素が活性化される。これらがmRNAの合成をうながし、新たに合成されたタンパク質によって、シナプスの形態や機能がかわり、シナプスの伝達効率が増す。

引用以上

これに加えて、長期記憶の実験から、旧い記憶を呼び覚ますには新しいタンパク質合成が必要であることがわかっているそうです。また、本能で対応できるような刺激に対しては、タンパク質のリン酸化までは起こるそうですが、新たなタンパク質の合成にまでは至らないそうです。

このことから、
>まず視床下部から脳下垂体による調節を経てプラスorマイナス等のホルモン物質が脳回路全体に薄く放出される(その様にして全体の電位が上がる)。そうして活性化した回路全体の中で、過去の記憶と近い記憶回路=神経回路が反応する(それ以外は直ちにポテンシャルを落とす)。つまりこれが思い出す、ということではないかと思います。(46507)

このことは、多くのシナプスにカルシウムが取り込まれリン酸化(これが本能適応?)している状態ではないかと思います。

そして、
>更に、ピッタリと記憶と重ね合わせられない知覚については、次に再び脳下垂体等にシグナルが行き、再び探索物質や抑制物質が視床下部より分泌され、比較的近い記憶の部位を反応させる。この絶え間ない繰り返しが、「考える」という行為なのではないか、と考えられます。 (46507)

このことが、新しいタンパク質を合成し、さまざまな旧い記憶を呼び起こし続けている状態で、まさしく「考える」=探索過程ではないかと思います。

 
List
  この記事は 46507 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_46839
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
ゴリラ、テナガザル、オランウータンと人類
サルからヒトへの足の指の変異:『地上生活順応説』には物証もなければ論理的反証が多すぎる
ヒトはいつから言葉を話し始めたのか(2)
人類史を追求する意義と視点
原基構造の不変部分と可変部分
地球の気候変動と人種移動
モンゴロイドの歴史@ 20万〜4万年前 スンダ・モンゴロイド、北方モンゴロイドの誕生
モンゴロイドの歴史A 4万〜1.3万年前 中央アジア・モンゴロイドの誕生と拡散
モンゴロイドの歴史B 1.4万〜1万年前 スンダ・モンゴロイドの拡散
モンゴロイドの歴史C 1万年前〜6000年前 新モンゴロイドの誕生と拡散
モンゴロイドの歴史D 5500〜3000年前 寒冷化→新モンゴロイドの本格的な南下→中国へ
モンゴロイドの誕生と北方への進出
南方モンゴロイドの拡散と新モンゴロイドの誕生
北方モンゴロイドの拡散(ツングース族、モンゴル族、テュルク族の起源)
家畜化と農耕と遊牧、都市国家1〜家畜化と社会余剰〜
家畜化と農耕と遊牧、都市国家2〜家畜化と社会余剰〜
牧畜によって何が変わったのか?
遊牧によって何が変わったのか?
交易によって何が変わったのか?
遊牧部族の父系制転換
中国文明の起源
遊牧民の中国支配史2: 〜夏・殷・周の成立〜
遊牧民の中国支配史3: 〜春秋戦国時代・秦〜 550年間にわたる遊牧部族同士の同類闘争が、心を歪ませ、思想を発達させた
遊牧民の中国支配史4:漢の時代〜冊封体制と朝貢制によって中国史上初の私権統合体制を実現した漢帝国〜
遊牧民の中国支配史5: 〜五胡十六国・南北朝の時代〜 400年に渡る戦乱により、血縁を紐帯とした部族集団が悉く解体され、現代中国の原型=3層の人民構成が形成された
中国とは何者か?−ヨーロッパとイスラムと中国−
潮流1:共認原理と私権原理
2600年前頃、古代宗教・思想の世界同時成立期・・・・そして大転換期の現代
1万年前以前の極寒期には南欧以北の欧州は無人だった
原欧州人とシュメール人の出自
5500年前、イラン高原で最初の略奪闘争(戦争)が勃発
3500年前、コーカサスと地中海は略奪部族の支配国家と山賊・海賊だらけになった
2900年前、海の民の侵略で地中海沿岸の部族共同体は崩壊
略奪集団であるが故に自我の塊になった西洋人
西洋人の精神構造と異常な性意識

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp