人類の起源と人類の拡散
46839 「考える」ことは新たなタンパク質の合成を生んでいる
 
佐藤祥司 ( 40 北海道 建築士 ) 03/01/01 AM07 【印刷用へ
>脳回路は恐らく視床下部or大脳辺縁系と当該神経回路の2段階構造によっては形成されているのではないか、という仮説が成立します。 (46507)

これについて、ニュートンプレス発行の『脳と感覚のしくみ』にかかれてある以下の内容と関連するのではないかと思うのでご紹介します。

>哺乳類では海馬が記憶の形成に重要な働きをしている。海馬においてシナプス前ニューロンに高頻度の刺激を与えると、数週間にわたってシナプス伝達効率が増大するという現象がみられる。これを「長期増強(LTP)」という。これがまさしく、記憶の基本的なメカニズムであると考えられている。

>長期増強は神経伝達物質の「グルタミン酸」がNMDA(N-メチル-D-アスパラギン酸)受容体に結合することによっておこる。外液から細胞内に流入するカルシウムイオンによって、CaMKU(カルモジュリン依存性タンパク質キナーゼU)などのタンパク質リン酸化酵素が活性化される。これらがmRNAの合成をうながし、新たに合成されたタンパク質によって、シナプスの形態や機能がかわり、シナプスの伝達効率が増す。

引用以上

これに加えて、長期記憶の実験から、旧い記憶を呼び覚ますには新しいタンパク質合成が必要であることがわかっているそうです。また、本能で対応できるような刺激に対しては、タンパク質のリン酸化までは起こるそうですが、新たなタンパク質の合成にまでは至らないそうです。

このことから、
>まず視床下部から脳下垂体による調節を経てプラスorマイナス等のホルモン物質が脳回路全体に薄く放出される(その様にして全体の電位が上がる)。そうして活性化した回路全体の中で、過去の記憶と近い記憶回路=神経回路が反応する(それ以外は直ちにポテンシャルを落とす)。つまりこれが思い出す、ということではないかと思います。(46507)

このことは、多くのシナプスにカルシウムが取り込まれリン酸化(これが本能適応?)している状態ではないかと思います。

そして、
>更に、ピッタリと記憶と重ね合わせられない知覚については、次に再び脳下垂体等にシグナルが行き、再び探索物質や抑制物質が視床下部より分泌され、比較的近い記憶の部位を反応させる。この絶え間ない繰り返しが、「考える」という行為なのではないか、と考えられます。 (46507)

このことが、新しいタンパク質を合成し、さまざまな旧い記憶を呼び起こし続けている状態で、まさしく「考える」=探索過程ではないかと思います。

 
List
  この記事は 46507 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_46839
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
遺伝子の共同体
「利己的な遺伝子」を切開する 1
「利己的な遺伝子」を切開する 2
雌雄分化における統合
オスメス分化の塗り重ね構造
もともと、生物には親子関係など無かった
蛋白質は多様に連鎖反応する
オス・メスの事実の確認
進化積層体の意味
原始生物の適応(1)代謝系の進化と循環系
全てを個体に還元することはできない
根源的認識の理解、免疫系に見る…その2
免疫系に見られる認識、階層と構造について、その2
HLA分子
今西錦司の自然観に対する共感
老化のメカニズム
精子と卵細胞、そして母体
連続と不連続 mt-DNA解析への疑問
「種」をめぐって「構造」と「機能」
生物多様性のなぞ、その実現構造1
生物多様性のなぞ、その実現構造2
機能進化は遺伝子の変化に直結していない。
ウィルスの変異の仕組み
@iPS細胞とは?〜ES細胞の起源〜
AiPS細胞とは?〜ドリーの誕生〜

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp