生命原理・自然の摂理
46507 脳回路の2段階構造
 
北村浩司 ( 壮年 滋賀 広報 ) 02/12/26 PM11 【印刷用へ
>ある神経ネットワークが作動するためには、先にネットワーク全体にホルモンの様な調整物質(例えばセロトニン)が放出される。そして、その範囲内でのシナプス活動が活発になる。もうひとつは、放出してから残留している時間内に限りシナプス活動が活発になるといえるのではないかと思います。(本田さん)

私もそう思います。かつこれによって概ね脳回路の構造も推測できます。まず脳内のネットワーク全体に比較的多量のホルモン物質を放出できるのは、視床下部等のホルモン分泌細胞が密集した部位である可能性が高いと思われます。
そしてこれを更に脳回路全体の仕組みに置き換えれば、脳回路は恐らく視床下部or大脳辺縁系と当該神経回路の2段階構造によって形成されているのではないか、という仮説が成立します。

更に本田さんの投稿に従うと、ある外的刺激(感覚)を受けることより、まず視床下部から脳下垂体による調節を経てプラスorマイナス等のホルモン物質が脳回路全体に薄く放出される(その様にして全体の電位が上がる)。そうして活性化した回路全体の中で、過去の記憶と近い記憶回路=神経回路が反応する(それ以外は直ちにポテンシャルを落とす)。つまりこれが思い出す、ということではないかと思います。
更に、ピッタリと記憶と重ね合わせられない知覚については、次に再び脳下垂体等にシグナルが行き、再び探索物質や抑制物質が視床下部より分泌され、比較的近い記憶の部位を反応させる。この絶え間ない繰り返しが、「考える」という行為なのではないか、と考えられます。

こういった2段階構造をとっている理由は様々考えられますが、もし後者の神経回路の一段階だけであれば、個々の記憶はつながることが出来るが、その近辺にある神経回路としかつながることが出来ない。つまり単線的一面的な思考しかすることが出来ない。もちろん脳下垂体だけの一段階であれば、文字どおりごくあいまいな思考しかすることが出来ない。つまりこの2段階構造をとる事によって脳全体がネットワークとして多面的総合的な思考が可能になる、ということなのではないか、と思います。

一般的には人類(高等哺乳類)は大脳新皮質によって高度な知能活動を行っているということが常識化していますが、しかしもし上記の仮説に立つならば、大多数の神経回路はむしろ外部情報と内部情報の突合せ=重ね合わせを行い、視床下部等にフィードバックしている事になります。つまり精神活動のベースを形成し、脳全体のエンジンを形成しているのは、実は脳幹部(つまり哺乳類以前から形成された旧い脳)であることになります。少なくとも旧い脳である脳幹部と新皮質の両輪がかみ合って始めて脳回路は正常に作動することになります。もしそうだとすれば、知能≒新皮質中心の脳に対する見方を大きく変える必要があるということを意味します。


 
List
  この記事は 46365 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_46507
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
脳の構造はどうなってるの? 「Biological Journal」 07/04/07 PM09
脳の幹 「Biological Journal」 07/04/02 PM05
124747 感動がほしいと言った女の子 佐藤英幸 06/07/03 PM10
108048 「考える」では、考えていない 山田真寛 06/03/25 PM11
105100 催眠術を受けた脳 木橋哲夫 06/02/03 PM10
99201 子供の象徴化(対象同化)能力の発達と脳回路 吉国幹雄 05/10/16 PM02
93334 直結する記憶回路・固定回路を探索により塗り替える 村上祥典 05/06/25 PM09
83521 エンジンとハンドル 土山惣一郎 05/01/02 PM07
52463 「グリア・ニューロン回路網」と脳機能の発現 斎藤幸雄 03/03/30 PM06
47050 進化積層体としての脳 斎藤幸雄 03/01/04 PM10
46839 「考える」ことは新たなタンパク質の合成を生んでいる 佐藤祥司 03/01/01 AM07
46834 『閃き』は観念以前の価値意識による統合感 本田真吾 03/01/01 AM02
46573 大脳新皮質は外識系の先端中枢 田中素 02/12/27 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp