これからの暮らしはどうなるの?
40956 親和空間の捉え方
 
木村友昭 ( 26 大阪 営業 ) 02/09/27 PM10 【印刷用へ
>そうして形成された新しい関係が、従来の親和を主軸とする関係ではなく、あくまでも新しい認識を巡る期待と応望の信頼関係であれば、互いに自ずと『認識の必要』を共感し、認識課題を共有した認識仲間となる。<(40914)

これまでの「従来の親和」を主軸とした人間関係だと、いざ社会を対象化した話になったときに全く繋がっている感じがしない感覚に陥ることがある。考えてみるとお互い代償充足にひたって相手の自我を「解ろう」としているだけだったのかも知れない。

ただ親和は仕事や認識における闘争と解脱という意味においては表裏一体であり、不要なものではない。
もしかすると、これまで親和関係の本質を理解していなかったのかもしれない。

>サルが形成したこの全く新たな共認機能について忘れてならないのは、不全感から解脱する為の解脱共認(親和共認を含む)こそが、全ての共認の原点であり、その母胎の上に闘争共認や規範共認が上部共認として形成されているということである。<(実現論010408)

問題は解脱共認の前にある不全感の捉え方だと気づいた。改めて「不全の中身」を考えたとき、それは社会不全であって、人類全てに共有した課題だったんだと。それが単一集団を超えて社会を対象化することであれば、親和空間は社会を対象化することで作られるべきであり、解決の糸口を見つけていく作業が結果として解脱空間としても機能しているんじゃないか。

だから顔を知ってることは重要ではなく、『認識の必要』を感じる者が繋がる場があればよいと思う。
そして『認識の必要』を課題として共有することを主軸とした人間関係の間では、おのずと其処に新しい親和空間が備わっているのだと感じる。
 
List
  この記事は 40914 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_40956
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp