これからの暮らしはどうなるの?
39687 新認識が新しい課題を作り認識仲間を広げる。
 
廣重圭一 ( 39 東京 技術者 ) 02/09/10 AM02 【印刷用へ
>実現論が物理法則よりも難しいのは、単なる無機的な記号とは違って、価値観念と接触してしまい潜在思念との結びつきを阻害してしまうからだと思った。だから、構造認識を価値観念として捉えていると、その後の「気付き」の可能性を閉ざすことになってしまう。(39617 西さん)

最近の皆さんの投稿を読ませてもらうと、新観念=構造認識がより鮮明に感じられます。
今までは秀作や佳作を読んでいて分かったと感じたことも、実は価値観念・規範観念で単に反応したケースと、潜在思念を実現するためにその”道具”を使い考えたことで、構造化できたと実感できた場合と2つあったんだなと感じます。

最近やっとその違いを少しは感じれるのも、後者による成功体験(仲間との協働作業、たとえばるいネットで新しい認識・コンセプトを紡ぐという作業)を通じて頭がすっきりし、その可能性を感じ取れるようになったからではないでしょうか。それは、今までの価値観念では感じられなかったと思うのです。

少しずつですが、新観念という道具を使い、日々認識を深めることで、今までの旧課題が新しい課題として感じられます。そして仲間との協働作業を通じて期待応望しあうことで新たなやりがい=活力源が得られます。そうする過程で認識仲間が広がっていくのだと思います。
 
List
  この記事は 39617 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_39687
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
シベリアからの狩猟部族(替え刃式細石器)の渡来
2万年前に南からも移住していた
南からの海洋漁猟部族(磨製石器)
縄文と日本人論をめぐって 
縄文人と農耕技術
縄文ネットワーク
「五大文明(?)」
祈りの民アイヌ(1)
RES:縄文から「アイヌ」まで
円筒土器と石刃鏃@
縄文時代の豊かな色彩文化
西欧と日本の階層意識の違い
縄張り圧力ではなく期待・応望圧力
「倭」=「日本」であるという定説の嘘
【要約】『邪馬台国論争終結宣言』山形明郷著〜@古朝鮮はどこにあったか?
【要約】『邪馬台国論争終結宣言』山形明郷著〜A楽浪郡・帯方郡はどこにあったか?
大量渡来か少数渡来か(1)
大量渡来か少数渡来か(2)
渡来人の出自(2)
縄文・弥生論争への視点
弥生時代前夜の社会状況
村落共同体の自治の歴史
弥生の侵略闘争
居徳は弥生に突入していた
弥生の統合様式と私有意識
採取生産時代のまつり統合とその限界@
「支配者から見た属国意識」〜5、武士とは日本の支配史にとって何か
カタカムナに学ぶ 〜日本語は上古代人の認識が現代に残っている稀有な例〜
日本語の持つ力2

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp