日本人の起源(縄文・弥生・大和)
39638 私権成立には掠奪闘争と私有婚の2つの条件が必要
 
北村浩司 ( 壮年 滋賀 広報 ) 02/09/09 AM05 【印刷用へ
また上位階層による土地の占有→私権社会化という論法にも論理の断絶がある。もともと土地は集団の縄張りであり生存手段である。したがってもし長一人がそれを占有したとしても(自分ひとりで耕せるわけでは無いので)殆ど意味が無いし、そればかりか集団の成員の不満が噴出し、集団が崩壊しかねない。また各成員間で(上位だけでも)土地を占有することも考えにくい。なぜならもともと集団全体の生存圏であった土地を各人が占有することは、各成員を分断しそこに遠心力=分裂のベクトルを生じさせる。つまり集団の統合力を弱めるだけである。
したがって以上より、私有はある集団が他の集団を支配下に置き、他の集団の土地を分配する場合しか考えられない。しかし、それでも占有や私有は闘争上の結束において遠心力を生じさせ集団を弱体化させる。従ってそれが成立するためには、闘争過程ではなく生殖過程で既に集団に対する遠心力が働いていたとしか考えられない。つまり集団内での生殖集団の分離=私有婚家族が成立しその要求に従う形で、私有婚家族の活力を引き出すために行ったと考えられる。

以上より、農耕が私有に結びつくためには2つの条件、つまり他の集団に対する掠奪と支配、そして私有婚家族の登場が必要になる。
(実際私権文明はシュメールや、竜山など掠奪闘争→覇権闘争を経験した地域にしか登場していない)

歴史の学説が論理に飛躍があるのは学者達が圧力不在の大学空間におり、同類闘争の圧力やとりわけ組織統合(論)に対する視点が全く欠落していることに起因するのであろう。
 
List
  この記事は 39637 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_39638
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
242893 農耕=公権力、遊牧=私権力 パルタ 10/12/26 PM09
シリーズ「私婚関係から私権の共認へ−Vol.2」 〜実現論 第二部:私権時代より−?〜 「共同体社会と人類婚姻史」 10/07/19 AM11
遊牧部族の父系制社会から私有婚誕生までの歴史構造−5<私有婚家族が成立と土地の私有> 「共同体社会と人類婚姻史」 10/01/12 PM10
127701 掠奪集団から国家が生まれた背景の圧力構造は? 田村正道 06/08/08 PM00
126799 私有婚が私権社会の最基底の制度 バスケットマン 06/07/26 PM10
人類の同類闘争と部族連合(戦争の起源) 「なんで屋−驀進劇−」 06/03/20 PM10
107285 農耕が私有に結びつくには 岩田 秀剛 06/03/13 PM01
104056 私有と国家への帰属意識 大嶋洋一 06/01/15 PM07
92995 事実認識のすごさを改めて見る 庄恵三 05/06/19 PM10
87614 私有意識〜集団から私有婚家族へ〜 村田頼哉 05/03/19 PM09
83078 父系制は本源的な集団収束力を欠如した欠陥システムではないか? 山澤貴志 04/12/24 AM01
82414 父系集団と私権闘争 村田頼哉 04/12/12 AM00
40332 掠奪闘争が私有婚を一般化させていった 井上宏 02/09/19 AM00
39898 集団のあり方から 森政子 02/09/12 PM00
39817 インダス文明(ドラヴィダ人)の婚姻様式 松尾茂実 02/09/11 PM04

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp